*

他ではできない体験は価値になる

こんにちは。サイモン山田です。
外は冷たい雨。こんな日はコーヒーが美味しいです。
ちょっと休憩中にブログの更新です。

さて今日のテーマは、

当たり前を「体験という価値」に変えるには?

ちょっと思い出してみました。
さいたまスタジアムで行われたセミナーのこと。

さいたま

僕はほとんどしゃべってないのに、載せちゃおうっと。

メインのセミナーの他に、「スタジアムツアー」が用意されていました。
もちろんセミナー費用とは別にお金はかかるわけですが、なかなかできない貴重な体験をさせてもらいました。

埼スタ1

埼スタ2

埼スタ3

埼スタ4

ロッカールーム、アップスペース、ベンチ、養生中のピッチ。
これって普段では味わえない「体験という価値」だと思うんです。

これ、何にでも活かせそうな気がしたんです。
普段は関係者しか入れないところに入れたり、関係者しかできないことができたら、それだけでイベント性は十分あります。

あのキッザニアがとても人気なのは、職業体験というより、こんな理由からなんだと思います。
先日ウチの子供たちも行ってきたそうで、メチャクチャ楽しかったらしい。

最近流行りの「工場見学」もその一つだと思いますし。

僕がもし体験という価値を提供するなら?

僕の関わっている格闘技で妄想してみました。
少しだけ、アタマの中で情景を思い浮かべてみて下さい・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

場所は格闘技の聖地・後楽園ホール。
観客が誰もいないホール内。まだリングが設営されているだけの状態。
スタッフが忙しく開場の準備をしている。
その最中にリングでは選手がウォームアップをしている。
終わって談笑している選手もいれば、緊張の面持ちでジッとリングを眺めている選手もいる。

控室ではワセリンの匂いが立ち込め、第一試合の前座扱いの選手はもうすでに臨戦態勢。
ウォームアップを済ませ、コンディショニングの調整。
試合用のウェアに着替えたら、コーチがバンデージを巻く。そしてバンデージチェックルームへ。

試合はどんどん進み、いよいよ出番が近付いてくる。
コーチがグローブをはめ、その後グローブチェックルームへ。
もうグローブをはめたら、逃げ場はどこにもない。あとはリングに向かうのみ。

控室に戻り、目の周りにワセリンを塗り、スタッフからの呼び出しを待つ。
集中力を高めつつ、スタッフに呼び出されたら、ガウンを羽織って控室を出る。
控室の脇を抜け、バンデージチェック&グローブチェックルームの脇を通り、階段を上がり、立ち見の観客を横目に見ながら、入場する扉へ向かう。

選手はリングインを待つ間、白い壁に向かってパンチをする。
だから壁はグローブの色で赤や青に変色している部分が所々に見られる。

もう選手には声をかけられないほどのビリビリとした緊張感。
セコンド陣にもそれが伝わり、言葉に表せないほどの空気が流れる。

入場する直前、選手&セコンド陣で円陣を組む。
あとは全力で闘い、全力でサポートする以外に道は残されていない。

リングアナウンサーから選手がコールされ、入場曲が流れ始める。
超絶に高まる緊張感。そして気合一閃。いよいよ入場の扉が開く。

眩いばかりのスポットライトが選手を包み込み、耳を劈くほどの大歓声を浴び花道の階段を降りていく。
観客の声援にグローブを合わせ応えながら進んでいく。
そしてリング下に到着。

グローブを合わせ、さらに集中力を高めてリングイン。
歓声がさらに大きく地鳴りのように響く。
そして選手がコールされる。
マウスピースを口に入れ、試合開始のゴングが鳴り響く。
「カン!!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これ、体験できたらスゴイ価値になると思います。
もちろん選手としてではなく、関係者として、ね。

スタジアムツアーならぬ「後楽園ホールツアー」。
選手&関係者目線で、後楽園ホールを端から端まで味わおう。みたいな。

やったら面白いと思うんだけどね〜。
それこそ「お金に替えられない体験」になると思うんだけどな〜。

実はスタッフや関係者でもなかなかここまでは体験できません。
僕はここ数年、ありがたいことにこれを毎大会体験しています。

今でこそ一連の流れを把握しているけど、この緊張感は何度体験しても、正直慣れません。
選手と気持ちを共有すると、本当に戦場へ向かっていくように感じられます。
実際に生死に関わることが起きてもおかしくない競技ですから、格闘技は。

とはいえ、もちろん僕は運営サイドではないので、こんな仕掛けはできません。
でももし、できたとしたら、ガイド役にはうってつけだと思うんだけどね。

その価値を理解していて、選手の気持ちが分かり、それを伝えるスキルがあり、何より格闘技が好きでなければできないことですから。
妄想って面白いですよね〜。

スタジアムツアーも「妄想・後楽園ホールツアー」も、選手やスタッフ・関係者にとっては「当たり前」に思えることかもしれません。
普段から体験していることですからね。

でもこの体験は誰にでも味わえることではないから、価値になると思うんです。
格闘技ファンなら体験してみたくなると思うし、ファンではなくても、
「スポーツ現場の裏側」って体験してみたい人っているんじゃないかしら?

そう考えると、どんな仕事にも当てはまるかもしれませんよね。
「仕事の裏側の『当たり前』を体験する」って価値になるんじゃない?
そんなことを感じていました。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
カラダは勝手に治るようにできている。

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日は比較

他人と比べるより、自分を活かそうよ。<サイモン式おせっかいシリーズ⑪>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 勤労感謝の

業界関係者以外と付き合おう!<サイモン式おせっかいシリーズ⑩>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 雨が降り出

業界の常識、一般での常識。どっちが常識?<サイモン式おせっかいシリーズ⑨>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 毎日寒いね

センスを磨くためには?そもそもセンスって何だろう?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日はエク