*

ヒールがいないと、ヒーローは輝かない

こんにちは。サイモン山田です。
今日も寒い・・・。でも新患さんは来るんですね。僕お得意の紹介。
他に行かせる所がない!と北区から中学校の先生からの紹介でした。

ヒールがいるから、ヒーローが輝ける

ウルトラマンには、バルタン星人?
仮面ライダーには、ショッカー?
キン肉マンには、バッファローマンかな?
アントニオ猪木には、タイガージェットシン?もういいか・・・。

ヒーローが活躍するためには、必ずヒール(悪役)がいないとダメなんですよね。
いわゆる比較の対象というか。

ダメな整骨院があるから、いい整骨院が引き立つわけです。
(こんなこと書いたら怒られそうですが・・・)
販促しない先生がいるから、販促している先生が選ばれるわけです。
(だから紹介してもらえるようになっているんです)

引き立て役とでも言ったらいいのかしら?
ストーリー上、ある意味ではヒールにこそ価値があるんです。
だからヒーローに価値が出るわけです。

それを一般の仕事に置き換えたら、それぞれの仕事ができるできないよりも、その人の持つ価値が分かるか分からないか?
これに尽きるような気がします。

僕はそれがずっと分からなかった。
自分が経営者になり、少しずつ少しずつ分かってきた感じ。

それでも仕事ができないのはダメですよね、ハッキリ言って。
能力の差は人それぞれあるもの。だから適材適所というか、活躍できる場があればいいのかな、と。

経営者は経営者の役割があり、スタッフはスタッフの役割があります。
その持ち場でどうやって活躍できるようになるか?
経営者は仕事を作るのが役割で、スタッフはそれを最高のものに仕上げるのが役割。

多種多様の考え方がありますが、もしそうならば、ヒーローとヒールの関係と同じだと思うんですよね。
お互いがお互いを引き立て、お互いがお互いを印象づけるというような。

いろいろな経営者がいて、いろいろなスタッフがいて。
仲間から気づかされることは本当に多いです。

僕はけっこうヒールが好きなんだよな~。
決してヒーローキャラではないとも思っているのもありますし。

シンタイガージェットシンが、サーベルで額をグリグリやるからこそ、その後のアントニオ猪木の活躍っぷりが印象に残りますから。
ザ・シークが、五寸釘で額をブッ刺すから、その後のテリー・ファンクのキレっぷりが引き立つんですから。

だいぶ横道に逸れてきたな・・・。
でも本質は同じだと思うんですけどね。
「紹介スパイラル」を今一度考えていたら、こんなことを感じました。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。