ムダを省くにはコツがある

こんにちは。サイモン山田です。

saimon今日は天気も悪いし寒いし。
乾燥しているから、恵みの雨なのかな?

さて今日のブログは、

ムダを省くコツ。

いかに効率良くやるか?
僕はいつもこんなことを考えています。
不器用ゆえ、少しでも効率良くやりたいと思うんですよね。
できるだけムダを省きたいとも思いますし。

効率良くやることに関しては、いろいろなやり方があります。
僕は「時間や期限を決めて、集中してやる」僕はこれが一番効率良くできる形です。

時間を決めず、期限を決めないから、ダラダラとやってしまいがち。
僕みたいな人間はそうなんですね。
だからなるべく早く時間や期限を決めること。
それだけで効率は良くなります。

その中で「ムダ」ってけっこう出てくるんです。
実際はムダなんてなく、全ては経験でもあるんです。
でもムダはなるべく省きたい(笑)。

このコツも実は効率良くやることと同じなんです。
これに気づいたのは、めっちゃ忙しく治療をしている時。

次々に患者さんを治療していると、一人ひとりに対する集中力がハンパない。
そうすると勝手にムダなことなんてしなくなります。
治療でムダや余計なことをしている時のほとんどは、ヒマな時。

治療も含め仕事において「ムダがあるな」と思えるなら、ハッキリ言ってヒマなんじゃないか?と。
忙しいとそんな余裕がなくなるので、どんどん効率良くやるようになるし、どんどんムダが省けてきます。

これは体験的なことなので、誰にでも当てはまることではないかもしれません。
現状でヒマなら、急に忙しくなるわけでもありませんし。
だから時間や期限を決めてやることでしか、ムダを省くことにつながらないんです。

常に忙しいのもなかなか大変ですが、その状態にならないと見えないこともあります。
本来は他の誰かに依頼することの方が、よっぽど効率が良いんですけどね。
それができなければ、自分の守備範囲で効率を求めればいいんじゃないかな。

こんなこと書いていても、実はムダなことってまだまだあります。
少しでも効率よく、結果を残したいものです・・・。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket