*

テーピングは「再現性のある」スキルです。

こんにちは。サイモン山田です。
昨日の予約治療、やってしまいました。ダブルブッキング!
サポーター患者さんに救われました。やっぱサポーターってありがたい!

さて今日のブログは、

再現性のあるスキルは伝わりやすい。

はい。テーピングの話です。サポーターの話ではありません(笑)。

04102この3種類のテーピング、全部違うテーピングなんですよ。
見た目はほとんど同じですが、「肌触り」と「ニオイ」で分かります。

04103アップにしても大して変わらない(笑)
これが分かる僕は、マニア?変態?プロ?どれでもいいか・・・。

以前テーピングのセミナーを開催していました。
なんだかんだで100回近くははやったのかな。
その中で大切にしていたことが「再現性」です。

要するに、僕が貼らなくても誰が貼っても同じ効果・結果が出せる、ということ。
もちろん練習は必要だし、その症状に対する知見も問われます。
そもそも症状の見立てが間違っていたら、どんなにうまくテーピングを貼っても、狙った効果は得られません。

たかがテーピングですが、されどテーピングなんです。
テーピングだけでも紹介は生まれますし、テーピングだけでも治療が成り立つケースもかなりありますから。
4月26日のセミナーでは、そのテーピングの一端を講義しますので、参加される方は楽しみにしていて下さいね。

スキルに再現性がないと、教えられないし伝わりにくいものです。
何でもそうかもしれませんが技術に関して、職人仕事は練習・訓練で、ある一定まではレベルアップが可能だと考えています。
それ以外はハッキリ言って「センス」が必要だと考えています。
正直言って、僕はあまりセンスはありません。修業時代にも散々先輩方に言われていましたから。

何で今、僕が患者さんから選ばれ、数多くの紹介をしてもらえているか?
その積み重ねも「再現性」のひとつなんです。

センスがない分、愚直に練習し続け、臨床で繰り返し量を重ねて、教えられるくらいのレベルに到達すれば、どの患者さんにも効果は出せます。
20年以上も業界に携わり、20年以上もテーピングを使い続けていれば、そりゃ結果は出せますよ。
出せなきゃプロじゃないもんね。

その20年分の積み重ねが「再現性」を作り出しているんです。
どんどんマネしてどんどん使って欲しい。
そしてどんどん患者さんを喜ばせて欲しい。
さらに自分自身も嬉しくなって欲しい。そんな風に考えています。

一度旗を降ろしかけた治療家向けのセミナーでしたが、再チャレンジです。
世の中にテーピングが貼れる治療家を増やしますよ。

あ。4月26日のセミナーはテーピングだけじゃないですからね。
ちゃんと経営のことも話しますし、考え方のことも話しますよ~!
しかも当日は、外科医の玉川洋先生も登場します。
治療家がドクターと直接話ができる機会なんてそうそうありません。
玉川先生は、東洋医学や柔道整復にも理解が深いドクターです。
とっても気さくで話しやすい。ぜひ質問をぶつけてみて下さいね~!

04101http://www.onko-chishin.net/smn/form.html

このページからお申し込み下さい。
意欲ある治療家に会えることを楽しみにしています!

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。

顎関節の症状、歯の痛み、原因になるものはなにがあるのか?

顎関節の症状や歯の痛みは「その部分」だけに問題があるわけではない。 身

顎関節症が歯医者「だけ」では治らない理由。

歯医者は基本的に歯を診るところです。 整骨院は骨格や筋肉を診るところで