*

外傷の処置ができること、治療家(柔道整復師)は必須!

こんにちは。サイモン山田です。
今日も暑い!毎日暑い!でも台風が近づいています。
大きな被害にならなきゃいいけどね・・・。

さて今日のブログは、

治療技術では独自性は作れない。されど治療技術は重要極まりない。

昨日のブログを含め、治療技術について何回も書いています。
治療家以外の人は、読んでもツマラナイかもしれませんね。悪しからずご了承下さいませ。

いつも治療技術は最低限必要で、それ以降は情報発信などが大切、そんな結論になっています。
でも何かスッキリしない自分がいて、ちょっと立ち止まって考えてみました。
あくまで僕の個人的な意見ですので、こちらも悪しからずご了承下さい。

スッキリしないのは理由がありました。それが「外傷の処置」のこと。
慢性的な腰痛や肩こりなんかは、それこそちょっと揉んだり撫でたり、電気をかけたり刺激を与えてあげれば、それなりに何とかなります。
カンタンに言えば「楽になっちゃう」わけです。
これで治療技術がうんぬんかんぬんと言ってもあんまり意味がない。

これが外傷となると話が違います。
見極めも重要になりますし、ちょっとでも処置の方法を間違えれば、治癒までの時間は大幅に長くなってしまいます。

ここが僕の中で引っ掛かっていたことなんだ・・・。

071501足首の矯正をしているところ。ホントはベッドでやりますけどね。

外傷の処置ができない治療家は治療家ではない!

もっと言えば、外傷の施術ができない柔道整復師は柔道整復師ではない!

ここで言う「外傷」とは、カンタンに言えば「ケガ」のことです。
異論反論はあるかと思います。でも書いちゃいます。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・筋挫傷。
これが僕の持っている資格「柔道整復師」の診療科目になります。

大げさに言えば、外傷以外は柔道整復師の診療科目ではない、そうも言えるんです。
一応これは保険適用範囲に照らし合わせてのことなので、保険を使わなければ慢性の腰痛や肩こりなども、もちろん診療可能ではあります。

現状では外傷の患者さんは、ほとんとが整形外科に行きます。
そこでレントゲンを撮ったりして、骨に異常があるかどうか、その他問題があるかどうかを検査するわけです。
それで何も問題がなければ、シップを渡されたり、痛み止めの飲み薬を渡されたりする。
(でもこれじゃ治んないんだけどな〜〜〜!!!決して批判ではありませんよ。笑)

今は、柔道整復師は骨折や脱臼の治療には「医師の同意」が必要ですから、一筋縄ではいきません。
捻挫なら、そのまま治療することが可能です。

だから!
ここで治療家、特に柔道整復師の出番でしょ!ってことなんです。

その時に「外傷の処置ができない」のでは話にならない。
僕は本気でそう思うんですよ。

いくら情報発信をしていても、いくら関係性ができていても、いくら人気があっても。
それだけじゃ、外傷だけは何とかならない。そういうもんなんです。
ちなみに腰痛や肩こりは、けっこう何とかなるもんですよ。コレ本当です。

僕の引っ掛かっていたことはコレ。
だから「最低限の治療技術」ってことに、重きを置いているんです。

さあこんなことを書いたんだから、しっかり伝えていかなくちゃ。
9月に「外傷セミナー」、やっちゃいます!
セミナーの案内はコチラから!

これからも「外傷について」をどんどん書いていきますよ。
一般の方でも分かるように、応急処置のことも書いていきますね〜。

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え