教える、伝えると、自分の立ち位置が分かり、さらなる成長につながる。

こんにちは。サイモン山田です。
世間はお盆休みなんですよね。電車も空いてるしね。
何だかノンビリした空気が流れている感じが、ちょっと心地良いです。

081301それでも彼はアツいままです。僕に元気をくれます。
ポイズンって(笑)なんでロングブレスなのよ。さすが松岡修造!

さて今日のブログは、

教えるとは、教えられること?

普段、淡々と仕事をしていると見えなくなることがあります。
それは自分自身のことなんです。

僕は今、一人で治療活動をしていますから、誰かが指摘してくれることはありません。
もちろん一緒に仕事をしている妻には指摘されますけどね。

それが院外で活動していると、指摘はされないにしても、自分自身のことに気づかされることは多々あるわけです。

特にここ最近はセミナー活動が多く、そして受講生の「卒業」が続いていました。
本当にきちんと伝えられていたのかどうか、自問自答を繰り返しています。

見方を変えると、教える活動をしていることで「もっと伝えるためのいい方法はないのか?」と考えさせられ、教えられているような感覚です。
もちろんその場その場では200%全力投球はしていますけどね。
それでもまだもっと伸びしろはあることに気づくわけです。

アウトプットをしなければ気づかないことがある。

インプット、つまり勉強は大切です。
これはこれで当たり前ですよね。

でもそれ以上に大切なのは、アウトプットなんです。
何もセミナー活動や講師活動がアウトプットなのではありません。
ブログを書くこともアウトプットだし、勉強した後にそれを行動に移すこともアウトプットと言えます。

つまりインプットしただけ、勉強しただけで満足していては、それ以上の成果は生まれないんですよね。
インプットし勉強したことをアウトプットするとは、行動であり、実験なんです。
だから失敗することもあるかもしれない。
でもそれをしないことには、それ以上の成果は生まれないんです。

サイモン式インサイドボディエステ一期生の卒業。
フロリダ族ステップアップコース一期生の卒業。

これは僕にとっては、新しいサイモン山田、新しいクオリティを生み出すきっかけになりました。
なぜなら「改善できること」が多々あることに気づいたから。

アウトプットしていなかったら、それにはなかなか気づけないままでいたと思います。
しかも卒業という「一区切り」があったからこそ気づけたこともありました。

何でもいいからアウトプットしよう〜!
ブログでも、誰かに話すのでも、ノートに書くのでも何でもいい。
とにかく「内から外」に出すことって、想像以上に成長が加速しますから。

ここからまたさらに行動あるのみ!だな。
楽しいことや好きなことは継続できる。
だからお盆休み中でも走り続けていられるのかもね(笑)

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket