*

真摯に淡々と「当たり前」のことをやり続ける。

こんにちは。サイモン山田です。
毎日たくさん歩いています。お気に入りの靴がダメになりそう。
でもお気に入りの靴を履いて歩かないとテンション上がらないから。
ニューバランス、また買わないとかな〜。

さて今日のブログは、

業界内の出来事では済まなくなってきてから気づいても遅い。

最初はネットニュースで知ったことでした。
誰かのFacebookの投稿からでした。このニュースね。

ちょっと前に北海道かどこかで暴力団絡みの診療報酬詐欺(不正請求含め)みたいのがあったはず。
このニュースを見た時も「これから芋づる式に出てくるんだろうな」そんな気がしていました。

110701それがテレビでも取り上げられるとはね。
しかも「報道ステーション」の最初のニュースですよ。これ。

噂では芸能人とか、お笑い芸人なんかも絡んでいるらしい。
どんどん大事に発展していくような予感がしています。

この事件をきっかけに「治療業界」はヤバイ方向にいくのかしら?
もっというと「ヤバイ」と思っている治療家はいるのかしら?

僕自身はあんまり「ヤバイ」と思っていません。
なぜかというと、以前からそれなりのことをしているから。

それなりのこと、というのは「不正請求」に敏感に対応してきたから。

例えば「肩こり」。いわゆる肩こりは保険では治療できません。
ウチでは治療するとしたら「患者さんの100%実費」で治療します。
つまり健康保険証は使わないので、自治体や健康保険組合に請求は出しません。

これを遵守している整骨院ってどのくらいあるのか?ってこと。
遵守していない、つまり何でもかんでも保険を使って治療している整骨院は「ヤバイ」って思っていることでしょうね。
僕がもしその立場なら「ヤバイかもな〜」って間違いなく思うはずだしね。

保険が使えなくなったら8割の整骨院が潰れる?

Twitterで「保険が使えなくなったら8割の整骨院が潰れる」ってつぶやいたことがあります。
これこのままの流れでいったら現実になるかもしれません。

国民医療費で接骨院・整骨院の請求が占める割合って知ってますか?
約4000億円です。多いと思います?少ないと思います?

国民医療費の総額約50兆円。その中の4000億円。
こう見ると100分の1にも満たないんです。
でも僕から見たらバカデカイ金額に見えますよ。

たぶん。ですが。
これら一連のことがきっかけになり「大粛清」開始の合図です。

すぐ現場には影響はないでしょう。
医療には政治的な部分も多く絡んできますからね。

じゃあどうすれば?タイトルに書いた通りです。
患者さんに対し、真摯に淡々と「当たり前」のことをやり続ける。
これしかないんです。本当にこれしかないんです。

飛び道具なんてないんです。小手先のことなんて見透かされます。
本質・真理を軸にしてやっていくしかないでしょ。

110702休養中の今、現場に出ていないことがもどかしくて仕方ない。
復帰後はこのあたりをもっとしっかり患者さんにも伝えていきます。

そして志の高い治療家とともに真っ直ぐに歩めたら。と考えています。
12月から「サイモン治療家道場」を旗揚げしますからね。
休養中にタムさんのサポートもあり実現する運びになりました。

タイミングがバッチリすぎて怖いくらいです・・・。
ではまた〜!

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ

なんでSNSをやっているのかしら?理由はあるのかな?

理由もなくやっているからつまらなくなる。 誰かにやれって言われたからや

身体関係の仕事の人はマジメ。SNSをもっと使えばいいのにね。

身体関係者の人はマジメな人が多いです。 だからこそ自分をもっと表現した

悩みや迷いがある時の対処法を持っていますか?

目の前の人に貢献し続ければいい。 自分にはそれができるのだから。 持っ