本気で行きたいなら行くし、辞めたいなら辞める。

こんにちは。サイモン山田です。

saimon

遠いから行けないという人は、近くても来ない。

「本当に行きたいんだけど、山田さんの整骨院はウチから遠いから」
これ、最近しょっちゅう言われます。
僕は「そうだね。遠いから仕方ないね」とだけ答えます。

こういうタイプの人は、たぶん近くても来ません。
もし本当に来たいなら、距離は関係ない。僕はそう思っています。

痛くて歩けないとか、電車で移動するのもツラい。
それほどツラい症状の人とは、セミナーなどで僕と出会うことはないですから。

行かない理由を提示しているだけ。私は行きません。と表明しているだけです。
・遠いから
・時間の都合
・休日なら
・何曜日なら
・個人的な都合や会社の都合…。

来院うんぬんだけではなく、過去にセミナー参加なども含め、何度この類の言葉を聞いてきたのだろうか?
そんなベストなタイミングなんて、そう都合よくやってきません。

もちろん本当に都合が合わない、先約が入っているなどの理由もあるでしょう。
それでも本気で来院したり、セミナーに参加する気があったら、距離も都合も曜日も関係ない気がします。
単なる「行かない言い訳」なんじゃないかと。

辞めたいなら辞めればいいのに・・・

これらは「仕事辞めたいんだけど~」と、常に言っている人と共通している部分が多々あります。
いつもグチばかり。いつも職場の悪口ばかり。だから仕事を辞めたい、環境を変えたい。

僕が「じゃあ辞めた方がいいんじゃない?」と話すと、
・生活があるから
・今の仕事辞めてもすぐ仕事が見つからない
・ボーナスなくなっちゃう
・正社員じゃなくちゃイヤ
だからそんなにカンタンに辞められないんです!って言われることしばしば。
理由なんていっぱい出てきますよ~。普段から聞いていますから、よく分かります。

ほとんどのケースは90%以上辞めません。ただ言いたいだけ。グチりたいだけ。
グチるのは悪くないけど、あまりに度が過ぎると周りから人がいなくなります。

実際は仕事を辞めたいと本気で思っている人ほど、あっさり辞めています。
選択肢の最初が「辞める」だからです。生活とか、正社員とか、そんな理由じゃないから。

「先生は自分で整骨院をやって、患者さんがたくさん来てるから、そんなこと言えるんですよ!」と、キツく言い返されたこともあります。
でも僕は自営ですし、何の後ろ盾もないし、明日からも患者さんが来てくれるなんて保障はどこにもない。
そう考えるとあまり大差ない気がするんですけどね、環境としては。

話がズレてしまいましたが、要するに「本気じゃない」だけです。
「行かない」「辞めない」言い訳や理由を並べるなら、初めから言わなきゃいいのにね、と。

これじゃ、昨日と同じ結論じゃないの!
というツッコミはなしにして下さるとありがたいです(笑)
いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket