「人が元気になり、その人の希望を叶えるため」。そのための手段は治療だけじゃない。

こんにちは。お水大好きサイモン山田です。

元気になるなら治療じゃなくても何でもいいじゃん。やっとそれに気がついた(笑)

ウチには看護師さんの患者さんが多く来院しています。
復帰後にその看護師さんたちから必ず言われるのが、「あの病気で助かってこうやって復帰して治療してるのは奇跡的だよね~」って。
うん、我がことながら奇跡的だと思います。

知り合いの知り合いまでたどれば、僕と同じ大動脈解離にかかった人は亡くなっている人がほとんどですから。
聞いた中では生き延びた人はたった一人。しかもその人は僕より10歳も年下ですし。
あ~ホントに生きててよかった。

その後に言われるのが「先生は回復がめっちゃ早いよね~」って。
うん、これも我がことながら回復はかなりいい方だと思います。

先月の検査でも「傷あとがなければ、普通の人より数値はいいですよ」って。
病院の先生が不思議がるくらい。検査をしていながら呆れた顔になってたのは気のせいではなかった(苦笑)

じゃ、一体何がどうなって、こんなに回復がいいのかな?と自分なりに考えてみました。
薬は血圧降下剤と、血液さらさらの薬。サプリメントやなんかは一切摂ってません。
食事は妻がかなり気を使って作ってくれています(お肉があんまり出てきません)。
タバコは少々(ダメ人間ですわ)、お酒はかなり控えめ(というかあまり飲めなくなった)。
仕事は時間配分も考え、6.7割程度にとどめています(もっとやりたいのをガマンガマン)。

その他ってなんかあったっけ?と考えてみたら。

僕はもともと水分を多く摂る方ですが、それを水素水に変えてみました(コレがよかったのか???)。
これはこないだ独立起業したタムさんが、僕の入院中にお見舞いの時に持ってきてくれたものなんです。
「水素水なら問題ないだろう」と、それを毎日2ℓくらいは飲んでいます。
食事以外で変えた部分といったらそのくらいなもんです。
だからよくよく考えてみたら、回復が早いのはそのおかげもあるのかな?って。

021001だからこの水素水、ウチでも取り扱うことにしました。
タムさんとのご縁で「水素水を生成するスティック」を製造している会社の社長と直に会い、販売代理店というカタチで取り扱うことにしたんです。

今まで僕は「自分の手で、治療で、患者さんを元気にすること」をずっと考えてきました。コレ自体は悪いことでは決してない。

でもさ、よくなるんだったら何でもいいんじゃないの?
しかも自分が飲んでいてよかったものなら、なおさらいいんじゃないの?
そう思うようになりました。

治療家って何故か「患者さんに物を売ること」に抵抗がある人って多いんです(笑)。
僕もその一人ですから。

でも自分が病気の回復が早い理由の一つが「水素水」だったとしたら。
これはむしろ患者さんに積極的に買って飲んでもらいたい!とすら思えます。

使い方はカンタン。

021002021003「水素水生成スティック」をペットボトルに入れ、数時間経つと水素がバッチリ発生!
一本で約2~3ヶ月使えるので、コストは1ℓあたり約20円程度。

これでスティック一本、3990円。しかも税込み。

安っ!マジで安っ!
これが僕の最初の感想でした。水素水ってめっちゃ高いですからね。

あとは、直接僕に聞いて下さい。
というのは、効果効能って薬事法の関係上、言っちゃいけないことがあるみたいなので。

今日は完全に商品紹介ブログ(笑)になっちゃった。
でもいいか。自分が使ってよかったものだし。患者さんにも勧めたかったからね。
僕が元気に回復したきっかけのひとつがコレだと思ったもので。
ではまた!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket