*

「断ると患者さんは増える」理由とは?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日も予約満員御礼です。キャンセルがあったのに、土曜日はあっという間に埋まっちゃう。
しかも今日は新潟の上越からも治療のためだけに来る患者さんも。
マジでー?ガンバリマス!

断りたくないけど、断らざるを得ない。そしたら増えた。

やまだ整骨院は、受付でも、電話でも、Facebookメッセンジャーでも予約を受け付けています。
今は完全予約制なので先に患者さんが入っていれば、当然お断りすることもあるわけです。

以前、曜日限定で予約を受け付けていた時、なるべく断らないように何とか時間を調整したりしていました。
時間外でも予約を受け付けていたんです。

今もそうしたい気持ちはあるのですが、自分の体調管理を優先していますのでお断りしています。
たまたまうまい具合に予約できる人もいれば、たまたま運悪く予約が入れない人もいたりします。
これは本当に申し訳ないです。

0052801▲一応、やまだ整骨院のご案内です。かなり見づらいですが。。。
 もともと新規の患者さんは少ないので。まあいいかな。

自分の軸を持つこと。それが患者さんにも伝わるはず。

予約が埋まっていればお断りして他の日に予約していただく。
これは言葉尻では当たり前のことだと思います。

でもそれが不思議なことにお断りすると患者さんが増えているんです。
これは単純に理論理屈の問題ではないように感じています。
むしろ自分のマインドの問題が大きいような気がするんですよね。

以前の僕はなるべく断らないでやっていました。
患者さんに申し訳ない気持ちと、断ったら来てくれなくなるかもしれない。
心のどこかでそう考えていたんじゃないかと思うんです。

今の僕は「断ったら来てくれなくなるかも?」というマインドがなくなったわけではなく、自分優先で動いていたら結果的にそうなっていた。そんな状況です。
だとしたら、予約を断る&断らないにおいて、もし僕と同じような気持ちを持っている人がいるなら、思い切って断ってみたらどうかしら?

マインドセットとか小難しい話ではなく、考え方の問題だけ。
断らないで無理してやっているのって、ツラくない?

やりたいならそのままやり続ければいいだけ。
でも断ることで患者さんが増えるんだとしたら?

あ。一応弁解のために書いておきますが。。。
断るのは予約が重なったり、単純にお休みの時だけですからね。
ただ単に「診るのが嫌だから」断ることはしませんので!
ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
テーピングがうまくなるために(患者さんに、アスリートに喜ばれるために)必要なこととは?

こんにちは。テーピングマスター・サイモン山田です。 どーでもよいこと

背中を押してあげよう。背中を押してもらおう。それが仲間じゃんか。

こんにちは。テーピング治療家、サイモン山田です。 一人で考える?or

やたらと怒る人。正義感タップリな人。何でだろね?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 やたらと怒る人に理

個人経営者は仕組み化しなくていいのでは?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 仕組み化しない覚悟

「好き」と「仕事」を絡めてみる。とても勇気はいるけどテンションは上がる!

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 好きに囲まれる覚悟