*

一点集中すれば突破口は作れるのか?不器用な治療家でも影響力は持てる?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日は梅雨の晴れ間というのかな。でも雨自体が少ない気もするし。
渇水でボクの好きなダムがニュースに取り上げられてます。複雑な心境。。。

たった一人の治療家ですが、何か?

昨日はエクスマのウルトラエヴァンジェリストコースの同窓会でした。
約20人の仲間たちと昨年の8ヶ月間一緒に勉強しました。
2期以降はないと藤村先生は言っていましたので、ウルトラエヴァンジェリストは唯一無二なのかなー(笑)

0061701▲初めてのエクスマスタジオ&秘密基地に来ました。
 やっと来られた!って感じ。ワクワクが止まらなかったな〜。

卒業してから6ヶ月。
各人がその6ヶ月間の成果発表をしていきました。
みんなスゴイ!この人たちと仲間で、この人たちと同期生だということだけでも誇りに思えます。

肝心の自分自身といえば。。。
数字的に華々しい成果が出たわけでもないし、それこそ他人に誇れるような成果を出したわけでもありません。
病気明けだったこともあるけど、自分自身の方向性を問いただすことから始まりました。

唯一誇れることがあるとすれば、一気に原点回帰したこと、そしてそれを楽しんだこと。
それに尽きるような気がします。

そしてブレなくなり一点集中して突破口を見出したこと。
結局そこに至ったから、それなりの成果発表というカタチが取れました。
やっと本当の意味で「卒業」できたのかな。そんな気持ちです。

0061702▲にしてもここに集まった人たち、結果がスゴすぎて圧倒されました。
 素直におめでとう!よかったね!と言えるのは仲間だからね。最高だわ!

他人にマネできそうでマネできないこと。それがボクにはあった。

ボクより高いスキル、熱いハートの治療家はたくさんいると思います。
でもボク以上にSNSを使っている、楽しんでいる治療家はほとんどいないはずです。
現役で現場に出ている治療家ってことですよ。
いたらぜひ教えて下さい!そんな治療家と仲良くしたいしね(笑)

同窓会&懇親会でも話しました。
ボクの立場でウルエヴァの仲間とコラボできることって無限にあるんです。

ボクは治療することが仕事なのではなく、その人のカラダをココロを応援するのが仕事です。
その観点から考えると、コラボの可能性は無限にあるんですね。
それを話せる仲間には伝えました。

0061703▲ボクも近況を報告させてもらいました。ボクなりのスタンスを伝えて。
 ボクだけにしかできないことを伝えられたと思ってます。

できるかできないかではないんです。
その可能性が「女性の指先ほど」でもあるのなら、できるに決まっています。
あとはやるかやらないか。面白いことになるのは分かっていますから。
全国、いや全世界に行けるんじゃないか?本気でそう思っちゃうような気持ち。
原点回帰して一点突破の姿勢に変化し、そうやってSNSで発信し続けてきた成果でもあります。

そんなことも含め、6月21日はフロリダ族セミナーではお話ししていきます。
ボクの初主宰のセミナーです。が・・・。
現在申し込み人数が13人。もちろんまだ参加できます(苦笑)
申し込みはコチラからね!

 

 

少なーーーーーーーーーーー!

 

 

でもいいの。ここからがスタートです。
読む人が読めばたぶん分かってくれると思う。
今はこんなもんです。ボクの実力は。
でもね。。。ボクは知ってます。ボクの未来がどうなっていくのか。
昨日みんなに宣言してきましたから。そうなるはずです。

0060801

にしても、人気ないわーーーーーーーーー!

というわけで、みんなに参加してほしいの♡
くどいけど参加はコチラから。
今日のブログも結局は売り込みでした。。。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ