好きな人を応援し、好きな人に応援される。これが最高に幸せなこと!

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
梅雨らしいグズついた天気です。なのに予約は満員。
ここのところけっこう忙しい状態が続いています。ありがとうございます!

楽しく、面白く、幸せに仕事がしたいよね。

昨日は思う存分しゃべらせてもらいました。
フロリダ族セミナー・外伝<今夜がヤマダ>
はい。自分でつけたのですがおバカなタイトルです(笑)

副題は「好きな人を応援し、好きな人に応援されて売上アップ」でした。
こんな副題にしたのは、自分自身がそんな運営スタイルをとっているから。
それで楽しく幸せに過ごせているからです。

司会進行はカツムラ夫妻。
今回、裏方をして下さり、ボクはおんぶに抱っこ状態。
って最初からビール片手に司会してますケド。

マーケティング系のセミナーでは、初めてダムの話をしてみました。
見事なまでの「ドン引き」っぷりにもかかわらず、全力でしゃべり続けましたけどね。

ボクなりに「ダム」と「価値」と「マーケティング」かけ合わせてみました。
単純にダムが好きなのもあるけどね。
それを自分の経験と重ねた時に、新しいことが創造できるのがたまらない。
ちょっとは面白さが分かってもらえたんじゃないかな~。

0062204▲マーケティング系のセミナーでこんなにダムを語るヤツはいない。
 ボク自身そう思うし、いる訳ないじゃんって(笑)
たっくん、写真を拝借しました。

こんな話、好きじゃなきゃできない。
だって誰も聞きたがってるわけじゃないのに、それをビジネスに絡めるわけですから。
ダムとSNS、うまくつながれると思うんだけどな~。

自身の経験した時間は「圧倒的」な価値を持っている。

好きなことを発信したとしても、それが付け焼き刃みたいなものなら見透かされます。
浅いわ~。って感じになるのかな。
それはそれでいいと思うんです。好きなのには変わりはないから。
でもそこに「情熱」を感じることはありませんよね。
反対にそれほど好きなことではなくても、時間や経験はウソをつかないと思うんです。
そこに「好き」が重なったら、これは最強です。間違いなくね。

昨日はダムに続いて、格闘技の話をしました。
もちろんビジネス視点に置き換えて、ですよ(笑)。

ボクは自分でも格闘技経験があるし、選手のサポートも15年以上になります。
好きなのもあるけど、これだけ長い経験をしている人は「情熱」がなきゃできません。
ハッキリ言ってお金になることではないしね(苦笑)

好きなこと、好きな人、これがある、いるだけで豊かな気持ちになります。
それを自分が分かっているか?それを自分が表現できているか?
これができていれば「好き」と「ビジネス」はリンクするんです。
参加したくれた人は、昨日のマトリクスと最後のメッセージを思い出してね。

最初はどうなることかと思ったけど、最終的に参加者は21人になりました。
ボクの影響力でもこんなに集まってくれた。本当に嬉しいです。

すぎちゃん、忙しいところ講演を快諾してくれてありがとう。
ワッキー、しっかり準備してくれてサンキューでした。
そして参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

最後にかっちゃん。
「フロリダ族」の冠をお借りしての初主宰をありがとうございました。
ホントにありがとう。

0062203▲懇親会でのこのみんなの笑顔!これが最高に嬉しいですよね!
 21人セミナーに参加して、20人が懇親会にいました(笑)

また調子に乗って話せるように、ダムの話に磨きをかけておきます!
ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket