*

リスク対策の最大の肝は、「現場力」があるかどうか。アクシデントはつきものだから。

こんにちは。治療現場からサイモン山田です。
今朝はお尻の筋肉が筋肉痛です。自分でテーピングしてます。
ダム巡りはけっこう歩くところもあるんです。それは後日書きますね~。

リスク対策はどこまで行ってもキリがない。

どんなに注意しても、どんなに気を配っても、起きる時は起きてしまう。
それがアクシデントです。それがケガです。
これがスポーツの現場なら顕著ですよね。

どんなにウォーミングアップをして運動を始めたとしてもケガは突然やってくるものです。
本人もケガをしたいわけではないし、周りだってそんなことを望んでいるわけではありません。
それでも起こるのがケガなんですよね。

起こるのは仕方ないとして、その後にどうするか?で治りは変わります。
治りが変わるのはもちろんのこと、その院やお店の印象だって変わってきます。

ボクがアドバイスさせてもらっているミットネス銀座でも先日同じような話をしてきました。
ココは施設や環境設備はとても行き届いているし、トレーナー陣も勉強熱心だし加えてモチベーションも高いです。
実際に会員数もうなぎ登りに増えています。

でも優秀なトレーナー陣やスタッフがどれだけ注意を払っていたとしても、利用者さんがケガをしてしまうことはあると思います。起こりうることだということです。
毎月講習をしていますが、ホントに勉強熱心なんですよ、ココのスタッフたちは。
ついつい話が盛り上がってしまいいつも時間オーバー。
そして写真を撮るのも忘れる始末。。。

0072503▲スタンド型のサンドバッグが整然と置かれています。絵になると思いませんか?

0072501▲ここにボクの顔が入ると、一気に絵にならなくなるのは気のせいか・・・?

リスク対策は起きてしまった後の対処がとても重要です。

ミットネス銀座のスタッフにはハッキリ伝えています。
「もし利用者さんがケガをしたとしても、それはトレーナー陣のせいではないとボクは思ってる。でもその後の対処をどうするか?これが利用者さんに対しての最大限の配慮だとも思うし、リスク対策だとも思うよ」と。

ボクはもちろんミットネスの経営陣ではありません。
ですが自信を持ってトレーナーたちが活躍できるようにするのはボクの仕事のひとつだと勝手に思っています。
メディカルアドバイザーという立ち位置であったとしても、ね。

ケガをしてしまった。
その時に「後で病院に行って下さいね〜」で済ますのか?
応急処置を施した上で的確なアドバイスができるのか?
病院に行くならどの科にかかればいいのか?
日常生活は?復帰のプロセスは?
利用者さんにお伝えできることは山ほどあります。
ここで評価は大きく変わるはずだし、利用者の安心感だって変わるはずです。

ケガはアクシデントとして起きてしまうんです。
どんな一流のアスリートでも、どんなにウォーミングアップをやっていても起きてしまうもの。
ボクなんてウォーミングアップ中にアキレス腱を断裂しましたからね(苦笑)

起きた後こそがリスク対策だということなんですよね。
ケガなんて起きないに越したことはないです。
それはどの現場でもそう。スポーツの現場でもフィットネススタジオでもそう。
それでも起きてしまうのがケガですからね。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ボクが予約を自動化していない理由。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 ラクよりあえて手間

紹介してもらうのに大切なこと。それは○○です。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 紹介してもらえるの

役立つ情報なんてそんなにたくさんない。だから「あの人」に向けた情報が価値になる。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 その情報、ググれば

ブログが読まれなくなる理由を考えてみた。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 上から目線でスミマ

その投稿、思っているより見られているし、読まれている。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 好きか嫌いか。