*

独立開業。治療業界なら、どの業態で独立するのがいいのか?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

もう「ハコ」は何でもいいんじゃないか?

柔道整復師が保険適用をすることを前提で整骨院を開業する場合は必ず「ハコ」が必要になります。

待合室、施術スペース、換気設備、消毒設備・・・。
これらを定められた基準をクリアしないと、保健所に届け出ても認められません。

これがいわゆる「整体」「カイロプラクティック」や「リラクゼーション」「アロマテラピー」などであれば、こんな基準は全く関係ありません。
それこそマンションの一室でやっても何ら問題ないわけです。

つまり保健所に届け出なくてもいいってことです。

届出は
「整骨院=保健所と税務署の両方」
「整体院=税務署のみ」 って感じね。

柔道整復師(整骨院)=国家資格あり、整体師=国家資格なし。
どうしてか、整体師より柔道整復師の方が開業に対してのハードルは高いんです。

これって一般の方から見るとどう思うんだろうね。
まあ腕が良ければ関係ないのかな~。

もちろん最初っから「保険適用」を考えなければ、屋号からして「整骨院」とする必要もないわけですから、ハードルの高さは変わらないんですけどね。

駅前とか郊外のリラクゼーション系のお店、みんな国家資格がなくてもやっています。
批判・否定をしたいのではなく、ただの事実です。
これもどうなのかな~。便利ならいいのかな~。

17013001▲整骨院は決められた範囲以上の待合室も必要なんですよ。
ウチも狭いながらも待合室は確保しております。ホントに狭いね(苦笑)

もう資格がどうこうなんて関係なくなってきている?

整骨院を運営する上では物理療法器も必要となります。
そうなると最初にかかるコストはおのずと上がるわけです。

整体院ならマンションの一室でベッド一台あれば独立開業できてしまうってこと。
てか、自宅で空いてる部屋があればできちゃうわけ。

う〜ん。書いてても何だか釈然としません。
これだけ差があっても世間の認知はかなり低いしね〜。

柔道整復師の独立開業。
昔は保険適用が緩かったから整骨院の方が圧倒的に運営はラクでした。
ボクが独立開業した時点ではそのアドバンテージはほとんどなくなっていたけどね。

では現在は?
単純に独立開業するならば整体院の方がいい気もします。

実験じゃないけど、最初にコストをかけずに小さくオープンさせる。
その中で患者さんと信頼関係を作っておく。
2.3年間じっくり関係性を構築していく。
その先にハコを準備して整骨院を立ち上げる。
これで遅くないような気すらします。

これなら整骨院を立ち上げる時の初期投資も回収しやすくなるから。
だって関係性ができている患者さんがいるわけですからね。
もちろん施術技術はあるってことが前提ですけど。

今の時代に大金をかけて整骨院をオープンさせても・・・。
回収はおろか、ランニングさせることすら怪しくなりますから。

この手の話、尽きません・・・。
しばらく書いていこうと思います。
けっこう患者さんからも評判がいいもので(笑)
いつもありがとうございます!ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
人に興味を持つためにはどうすればいいのだろう?

自分との共通点を見つけること。 何か貢献できることを探すこと。 人は基

望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか