*

自分に興味を持ってもらうにはどうすればいいのかしら?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

自分中心。それでもいいけどね~。

3月31日。明日から4月突入ですね~。
今月はブログ更新がかなり滞っていました。
書きたいことは山ほどあったのにな。。。

・開業9周年
・息子との卒業旅行(ダム巡り)
・息子の卒業式
・身の回りの出来事
・整骨院運営で思うこと

などなど書きたいことはある。
だけど何だか乗り気がしない。
こんな経験は初めてだったので戸惑いました。

よくよく考えてみれば、これだけ情報が溢れている現代。
ボクのブログが滞ったところで何も変化はない。
世の中に何の影響もないんですよね。

でも治療家仲間には指摘されました。
「先生、最近ブログの更新してないですけど何かあったんですか?」って。

患者さんにも言われました。
「ブログ辞めちゃったの?楽しみにしてるのに~」って。

少なからず読んでくれる人がいる。
少なからず楽しみにしてる人がいる。

その人に向けてだけでも十分。
だから気持ちを切り替えてブログを書いていきます。

ブログに関しては自分のことしか考えていなかった証拠でしょう。
これは素直に反省して、出直してやっていこうっと。

17033101▲3月の更新回数は過去最低の数字でした。
自分でも笑える。ちょっとサボりすぎちゃったな~。

人は自分にしか興味がない。だから相手に興味を持てばいい。

この通りだと思っています。

人は基本的に自分にしか興味がないです。
だから考えることは自分中心。
これはある意味当たり前のことでもあります。

だからこそ相手に興味を持てるようになればいい。
するとおのずと信頼感が生まれる。
相手にとって「特別な存在」になる可能性すらある。

ボクはたぶん相手に興味があり過ぎるキライがある。
だからモノを言い過ぎる傾向にある。
おせっかい極まりない可能性もある。
自己主張がハンパないと思われる。

ウザいヤツだわ。面倒くさいヤツだわ。
自分でもそう思う。

でもね。
反対から見たら?

相手に興味がなければ。
当然のごとく何にも意見しない。
だから余計なことはしない。
自分の主張ももちろんしない。

ウザくもないし、面倒でもないけど。
ハッキリ言って存在感ゼロです。
これならいてもいなくてもどっちでもいい感じ。

言動にも行動にも注意は必要でしょう。
でも何にも発せず、何にも動かなかったら?

・・・ボクの価値なんてないな。
(そもそも価値があるのかどうかは不明です。。。苦笑)

いい意味で「ウザい存在」になればいいってこと。
いい意味で「嫌われる存在」になればいいってこと。

誰からも好かれる存在。
ボクにはそんなこと考えられないし、なれません。

だから今のままでいい。
ウザく、アツくるしく、バリバリ言い続けます。
アナタに興味があるから!ですけどね。

いつもありがとうございます!ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ