*

理由なんて、後付けでもいいんじゃないの?

何となくで始めてもいい。
理由は後からついてくることが多いから。
誰かに後押しされることだってあるし。

最初の動機なんて不純でいい。

結果的にうまくいったこと。
結果的にうまくいかなかったこと。
ボクにはたくさんあります。

「結果的に」とは、「やる前はうまくいく」と思っていたことです。
うまくいかない前提で始めることなんて基本的にはないですからね。

治療の勉強でも、経営の勉強でも同じこと。
「うまくいく」という前提があるからこそ取り組めるわけです。

結果的にうまくいっただけです。
うまくいく前提で始めてもダメな時はありますけどね。

 

そしてここに動機や理由が存在してきます。
「なぜそれをやろうと思ったのか?」そんな動機や理由です。

はじめる時の動機や理由なんて高尚なものじゃなくていいと思っています。
「モテたいから」
「ある人に憧れたから」
「いいクルマに乗りたいから」

「儲かりそうだから」
「アイツを追い越したいから」
人から見たらどーでもいい動機や理由です。

ボクが若かりし頃、治療家になりたての頃思っていたのはこんなことでした。
今から考えるとハンパなく恥ずかしいですけどね。

結果的にひとつも達成はできていないかもしれません。
人から見たらどう思うのか分からないですけどね。

結果的にこうなっていただけです。
モテたいとか、儲かるとか、追い越したいとか。
今は若い頃よりはずいぶん薄くなってきていますよ。

うまくいくかどうか?
これだけで判断すると本質を見誤ることになると思うんです。

▲資格取得も結果から考えたら後付けみたいなものです。憧れた人が資格を持っていたから同じ資格を取っただけですからね。

やってみないと分からないでしょ。

最初の動機なんて不純なくらいでちょうどでいい。
そんな高尚な理由で始める人なんてそうそういないよね。
不純なボクはそう思いたい・・・。

何でもそうだけどやってみないと分かりません。
だからたった一歩でもいいからやってみればいいんです。

不純な動機で治療家になったのかもしれない。
でも今は、違う理由で治療家を続けている。
自分でも何だか不思議な感じがしますけどね。

 

だから何でもいいんじゃない?
やり始める理由なんてさ。

公言しなければいいだけです。
不純な動機なら隠しておけばいいじゃない。

男なんてなんな不純な動機で始めることって多くないですか?
格闘技なんて本当にそうだと思うし。
モテたいとか、ケンカに強くなりたいとか、そんな動機の人ばっかりしか知りません。

でも勝ち続けることで使命感が出てきたりします。
自分のためだけではない「何かのため」に強くなりたい、勝ちたい、だんだん動機が変化していくんですよね。

それでいいんだと思うんです。
一歩踏み出したことで、それを継続したことで景色が変わる。
それに合わせて動機も変化していく。

もちろん不純な動機のままでもいいですよね。
ボクだってモテたいし、儲かりたいしね。
だってその方がいいじゃない?

 

誰かに後押しされることや、依頼されることもそうです。
自分では考えられないようなことが、誰かのひと言で動き出したりします。

自分自身はできる、やりたい、と思ってなくても。
他の誰かは「できる」と思ってくれていることだってあります。
だから自分で情報を出し続けることって大切なんじゃないかな。
次はどんなお声がかかるのだろうか?なんてことを妄想するのも楽しいものですよ。

何かを始める時、使命やミッションなんて考えなくていい。
やり続けるうちに見えてくるものですから。

やいやい考えすぎて立ち止まっているより、やり続けながら使命を感じられるような「理由」にたどりつけばいいんじゃないかな。
ボクはそう考えています。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え