*

こだわりを持つことが重要ではない時代だが、こだわりがないと柔軟性は生まれない。

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。
もうすぐ9月も終わりです。年々早く感じるようになってきたな~。

治療方法にこだわりを持たなくていい。

こんな出だしで書くと「ウソつけ!」と言われそうですが。
ボクには治療方法にこだわりはありません。

こだわりがないというよりは「今できることをやっている」だけです。
「自分にできることをやっている」だけです。

テーピングこだわりじゃないの?
と当然聞かれそうなので先に書いておきます。

テーピングの素材、取り扱い方、貼り方などにはもちろんこだわりはあります。
でも患者さん全員にテーピングをするか?と聞かれればそれは違います。
テーピングをする人もいれば、しない人もいますから。

そこまで「テーピングをすること」に対してはこだわりがないってことです。
(分かりにくい表現かも知れませんがココ重要。テストに出ます)

施術現場レベルで考えれば「良くなれば何でもいい」とすら思っています。
手技でも、気でも、エネルギーでも、テーピングでも何でもいいんです。

その次に患者さんが来てくれるかどうかは分かりませんけどね。。。
それは患者さんが決めることなのでどーしよーもないですし。

▲こだわりの施術が受け入れられているのではありません。
写真のようにテーピングの持ち方にもこだわりはありますが、それは患者さんには全く関係ないことだもの。

こだわりがないと柔軟性は生まれない。

二律背反するような言葉です。
ボクはこのように考えています。

何かしらの施術方法を極めようとした時。する時。
ある種の「限界」を感じることはあります。
もちろんその限界を突破するために、さらなる研究を重ねていくわけですが。

もう一方で限界ゆえに、こだわりを横に置いてみる(捨てるのではない)ことも大切です。
これが柔軟性が生まれるという意味です。

ひとつのことに対して極めようとするから柔軟性が生まれるんです。
最初から柔軟性なんてありません。
もしあるのなら「何も分かっていないだけ」だとボクは思います。

とことんやった人にしか辿り着かない領域はあります。
ただそれを患者さんに押し付けるのは違います。
それはただの自己満足です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、この手の話をすることが多くて。
そして意見を聞かれることも多くなってきました。
業界の闇とまではいかなくても、アタマがカタイ部分ってあるよね~。
(もちろん自分自身もそうです)

ボクなりに考えていること、してきた経験をこれからもっとブログにします。
小規模の治療院運営や小さなお店・サロンには伝わるんじゃないかな。
(大きなお店、多数のスタッフを抱えているところには当てはまりません。たぶん)

もう20項目くらいになってしまったので順次書いていきます。
書く順番が合ってるか間違ってるかは分かりませんケドね。

自論を勝手に書いていくだけです。
疑問質問はカンベンして下さい。
参考になるところはマネしてもらって、参考にならなかったらスルーでお願いします。

自分が勝手に考えた、実践した、経験したことを書くだけです。
だからGoogle先生に聞いても出てこないだろうとは思います。

これらに関してはセミナーはしません。
施術講習やテーピング講習の時に触れる程度かな。
直接聞きたい人は個人的に相談して下さい。

バンバン書いちゃおうっと。
患者さんのためにもなる話だからね。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで