*

イマイチ先に進めない。そんな時の処方箋。

自分の思考がどこから来ているのかを突き止めよう。
本当にそう思ってる?誰かの影響で?成功体験から?
停滞しているのは理由があると思います。

思考のワナに向き合おう。

これから書くことは誰にでも当てはまるわけではないと認識しています。
もし途中まで読んで「違う」と思ったらすぐに読むのをやめてください。
余計な時間はモッタイナイですからね。
節分を前にいろいろと思い出してみました。
そしてノートにペンを走らせました。

今何を考えていて、何をしたくて、何が不安なのか?
何はうまくいっていて、何が行き詰まっているのか?
そのメンタルブロックは何なのか?

誰にも指摘されてこなかったことがようやく腑に落ちました。
コレ実は妻のお陰で気がついたんです。

それは「人と比べた上での、上昇志向、成功欲、承認欲求」でした。
完全にこのワナにハマり続けていたんですね。
これ自体が悪いことではありません。
あくまでボクの場合の話ですので、参考にならないかもしれません。

ちょっと考えてみてください。
上昇志向、成功欲、承認欲求。この3点セットが揃ったら、自分ではどこまで行っても納得することはないでしょう。

しかもこの状態は「常に誰かと比較している、比較されていると思っている状態」だからです。
だから常に不満や不安、争っている感覚、認められたい感覚がつきまといます。

そして時と場合によっては見下されている感覚やバカにされている感覚。
あるいは焦り、戸惑い、苛立ち、こんな感覚も襲ってきたりします。

▲比べるのって分かりやすいからね。だから自分でもそうしてしまうのではないかな。この写真も野球選手を比べた事例なんですけど、どちらがいいのか?なんて本人しか決められないし他人が口を挟むことでもないんだよね~。

ワナが分かれば抜け出せる。

これは自分で気づいていないことが多々あると思います。
思います、というのは誰にも確認したことがないから。
確認したって「自分は違う」と答える人も多いでしょうし。

イヤですもんね。
そんな自分を認める、受け入れるのって。

過去いろいろなメンタル系の勉強もしてきました。
役立ったこともあるし「???」で終わったこともありました。

でもなぜか「腑に落ちる感覚」が起きなかったんです。
それは自分の「根っこ」を見ようとしなかったから。

見たくない、思い出したくない部分を自分の中に隠していたから。
だから他人には見えるわけがないからアドバイスの受けようもない。
その上で成功しよう、上昇しよう、認められよう、ともがいていたから。

「ワナ」と表現しましたが、このワナは自分が仕掛けているんです。
自分で仕掛けたワナに、自分でハマって「はずれない!」ってもがいているだけ。

もがけばもがくほど、どんどん自分に中に食い込んで離れなくなるのに。
それでもそのワナを目を瞑って見ようとしないし、認めもしないから最後には「こういう人間だから仕方ない」と諦めていく。

ほとんどの場合は自分で「変な幻想」を作っているだけです。
オレはこんなもんじゃない。私ならもっと輝けるはずだ。
旅に出ていないだけで「自分探しの旅」をしているようなもの。

アナタはできません。輝けません。
そう言いたいわけではないんですよ。念のため。

何を基準にして言ってるの?と聞いてみたい。
あくまでボクの場合ですが「上昇志向、成功欲、承認欲求」が強く、「常に誰かと比較している、比較されていると思っている状態」だったから、どこまでいっても「自分らしく輝けるわけがない」んです。

集客、売上、利益をはじめ、全てにおいて「自分ならもっとできるはず」と思ってました。
「もっと」とは「誰か」と比較しているからです。

今の自分を振り返り、売上なんて気にしなかった時がありました。
どうやって患者さんを治せるか?だけにフォーカスしていた頃です。

しかもこれは独立開業後のことです。
ノルマも縛りもなくなったから、自分のやりたいことに邁進できていました。

いつからだったのだろう。
「上昇志向、成功欲、承認欲求」が強くなったのは。

いくつかのターニングポイントはあります。
でもこれが間違っていることとは思わないし、ボクには必要なプロセスだったんだと思います。

気づいたからもう大丈夫。
あとは気にせずに動いていけばいいだけだからね。

皆さんにも似たようなことってあると思うんです。
なぜかイマイチ前に進めていない。
なぜか同じところでグルグル回っているような感覚。
なぜか思うとおりに進まない、ってことが。

たぶん「人と比べているから」「人を気にしているから」だと思います。
しょうがないんです。だって人と人が存在するから人間なんです。

ボクもいまだに人と比べないわけではありません。
だけどそれを受け入れることができた今、悩むことは格段に減ったし、何より気持ちが楽になりました。

 

本日の処方箋
人と比べるのをやめてみる
(毎日、朝に服用してください)

 

ここ最近でそんな体験をしたので書いてみました。
最後までお付き合い感謝です。誰かの参考になったら幸いです。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ