女性で首・肩こり、腰痛が起きやすい人に気をつけてほしいこと。

身体を締め付けるのはよくないです。
下着はジャストサイズでお願いします。
太っても、痩せても、買い替えは必要です。

コレで肩がこっている女性はけっこう多いんです。

首・肩こり、腰痛になりやすい人。
今回は女性限定で書いていきますね。

それは「下着の締め付け」です。
例えばブラジャー。

両肩の部分と、両脇に下着が当たります。
首・肩こりの人はほとんどのケースで「下着のサイズが合っていない」と思うんです。

ボクが治療する際は裸にするわけではないし、下着を脱がして治療するわけではないですよ。
あらかじめお伝えしておきますけど(苦笑)

太ったりしてサイズが合わなくなると、両肩と両脇が締め付けられます。
するとそこで血行不良になり、首や肩がこりやすくなってきます。
血圧にも影響するし、脳への酸素の供給も不足します。
そうするとボ~っとしたり、集中力の低下にもなりかねません。

言葉で書くとけっこう当たり前のような気がしませんか?
でもそんな人はかなり多いです。

以前、それを指摘して下着を替えてもらった患者さんがいます。
その方は血圧も高く、いつも首や肩の症状で来院していたんです。

相手は女性ですから、伝えるのに躊躇していたんです。
でも思い切って伝えてみました。

結果、血圧も下がり、症状もほとんどなくなりました。
それ以後、来院しなくてもよくなりました。

うん。損失です。患者さんを一人失いました(笑)
ノルマがあった頃の話ですので、当時は本気でそう思ったことはナイショです。

▲下着で締め付けるのは本当に良くないです。ぜひジャストサイズを着けてくださいね。そもそも下着の試着ってできるのかな?そのあたりはよく分からない・・・。

腰痛はどうなのよ!

今はかなり減りましたが、ガードルかもしくはボディスーツです。
ウェストの部分と、左右の太ももが締め付けられます。

これも血行不良を起こします。
それで腰痛を起こすようになっていきます。

これも以前、キツめのガードルをやめてもらった患者さんがいます。
あまりにもあっさりと腰痛は改善しました。

ボクの施術はなんなのよ。
なって思ったり思わなかったりするのはしょっちゅうです。

ブラジャーやガードル、ボディスーツ。
姿勢改善には効果があるだろうし、引き締めることでスタイルも良くなるでしょう。
寄せて上げる、とかの商品もありますしね。

それを否定しようとは思いません。
女性にとっては重要なことだと認識しています。

だがしかし。
それで健康を害するのであればそれはちょっと間違ってる。

できるだけ「ジャストサイズ」の下着を身につけてほしい。
サイズが合わない理由は、
・太ってしまった
・痩せてしまった
・そもそもサイズが合っていない
この3点しか理由はないはずです。

買い換えるのはお金もかかることです。
でもよくよく考えてほしいんです。

それでしょっちゅうマッサージや整体にかかっているのであれば。
そのお金でたぶん新しい下着は買えちゃうんじゃないかな。

ある意味お金で健康を買っちゃいましょう。
下着がジャストフィットすれば、身体にも心にもいいことです。

これでまた患者さんが減るね。
それでもいいので「下着はジャストサイズ」を身につけてください。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket