*

他の場所に甘い果実はなっているのか?

その技術をどのタイミングで使うのか?
その知識を誰にどのように使うのか?
ご利用は計画的に。

うまくいかない理由はある。

勉強は好きですか?嫌いですか?

学生のころは勉強嫌いでしたが、大人になってからの勉強はけっこう楽しいものです。
それは勉強したことを行動に移せば、割と早い段階で結果につながるからだと考えられます。

施術技術の勉強も然り。
学んで現場で実践すれば結果になって現れます。

もちろんいい結果が欲しいわけですがなかなかそうもいかない。
こんなことは多々経験してきました。

そしてまた違う施術技術に手を出してしまいます。
若いころはこの繰り返しをしばらく続けていたような気がします。

いわゆる「セミナージプシー」です。
自己啓発系によくあるらしいですけどね。
こうなるとセミナーは学びではなく「カンフル剤」にしかなっていません。

学んだ施術技術が悪いわけではありません。
活かしきれない自分が悪いだけです。念のため。
うまく行動に移せていない自分が悪いだけですからね。

 

これはSNSに関してでも同じことです。
どこかできちんと学んだとしても、自分が活かしきれていなければいい結果には恵まれません。

これじゃダメだ。
と他のところで学んだとしても、そんなに結果は変わらないんじゃないかな。

自分の取り組む姿勢が変わらなければ、ね。
つまり行動に移すかどうか?これだけが問われているんじゃないかな。

▲「サイモンはさ、行動するまでに時間がかかりすぎるんだよ。考えすぎちゃってさ」こうかっちゃんにみんなの前で言われました。さすがによくご存知で(苦笑)

▲このスライドは作っていながら笑っちゃいました。かっちゃんにもこんなタイトルのブログがあったなんてね~。2010年のブログだから8年前ですよ。行動の量がハンパないってことですけどね。

答えは自分が知ってるんじゃないのかな?

施術技術に関しては自分で決断したことがあります。
それは「今の自分の施術技術を徹底的に深掘りすること」でした。

今ある手持ちの技術もどこまで活かしきれているのかな?
そう考えてしばらくは一切の勉強をやめました。

今できる技術のブラッシュアップを図りました。
手技療法、テーピングからはじまり、コミュニケーションスキル、カウンセリングもそうです。

ここに新しいことを加えるよりできることを深堀りすること。
これだけで新しい景色が見えてくるようになりました。

 

どこか他の場所に「特別な結果が出る何か」があるわけではありません。
まずは学んできたことを「四の五の言わずに」やること。

それでもし壁に当たったら、聞いてしまえばいいんです。
「これこれこうやったんですけど、この先はどうすればいいんでしょうか?」

やってみても分からなければ聞けばいい。
やらないで「分からない」はナシですけどね。

 

セミナージプシーになる人は自分で考えること、そして行動に移すことをしていません。
「他の場所にもっと甘い果実があるはずだ」と違う畑に行く。
最初は食べたことのない果実があるから魅力的に写る。
でもまた違う果実が欲しくなる。この繰り返しです。

勉強に行ってきました!気づきがありました!
行動に移さなければただの自己満足ですよね。

患者さんに喜んでもらい、お客さんに喜んでもらい。
そして自分自身も喜べて、スタッフも家族も喜べるようになる。

これには行動しかない。
ひとつのブログを書くことも、投稿をすることも行動です。
もちろんしっかり考えて行動に移すことをお忘れなく。

 

新しいメンバーと出会い、自分も無性に行動がしたくなった。
「カンフル剤」を強制注入されちゃった感じです。

▲昨日はフロリダ族の第8期がスタートしました。新たに9名の参加者が加わりフロリダ族もボリュームアップ。ここから3ヶ月間みんなでしっかりバージョンアップしますよ!

はい。四の五の言わずにやります。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え