「自分がやりたいこと=誰かが喜ぶこと」になれば何をやったっていいんじゃない?

やると決めたらやればいいだけ。
誰かが喜ぶことならなおさらやればいい。
人の目とか声とかなんて気にするだけムダ。

何がやりたいのか?を明確にする。

今の仕事には満足している。
でも何かやってみたいし、何かできるはずだ。
そう思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

じゃそれって何だ?

ボクは常々「テーピングをもっと広めたい」と思っていました。
テーピングに救われ、テーピングで自信を持ち、テーピングとともに生きてきたと言っても過言ではないから。

実際にいろいろと活動はしてきたけど、結果はイマイチ。
DVDを出すなど、成果が残っている部分はあるけど、何かしっくりこない。

何だろうね。このしっくりこなさは。
そんな感覚ってたぶん誰しも思ったことがあると思うんです。

ピーーーーーン!
いきなりそれはやってきました。

今までの講習のほとんどは「治療家」をはじめとする「プロ向け」でした。
でもさテーピングをもっと広めるには、むしろ「治療家以外、プロ以外の人」に向けて発信した方が「役に立つ」んじゃないか?とね。

治療家がテーピングを学ぶことで、たくさんの患者さんのためになる。
本気でそう考えていたし、そうやって講習を続けてきました。

ああ、大いなる勘違い。

▲ここでトレーナー活動をしているのもやりたいことのひとつでした。毎日足を運べるわけではないけど選手に、監督に、コーチに喜ばれているのは分かります。

誰かが喜ぶことを続けてみる。

ここからは仮定です。
もしテーピングが一般の人にもっと普及していったら。
家庭レベルにまで浸透し「お母さんが子供にテーピングしてあげる」そんな世の中になったら。

学生同士でテーピングしたり、顧問の先生や指導者ができるようになったら?
もしかしたらボクが高校野球部に足を運ばなくても大丈夫になっちゃうかも?
そんなことすら考えられたりします。そんな世の中になったら面白いんじゃないか?

まるで逆輸入のように「治療家がテーピングを知っていなければ恥ずかしい」そんな状態になるかもしれませんよね。
そうなったら面白いんじゃないか?

誰かが喜ぶこと。それが自分のやりたいことと合致するなら積極的にトライする。
それをやっていればきっとその先にまた何か違った展開が生まれるようになる。
ボクはそう信じているしそうなるのを知っています。

1月から高校野球に積極的に関わるようになったけど、最初からこんなことを考えていたわけではありません。
複数のやりたいこと「テーピング・伝える・高校野球」が重なりあった時、そんなことが考えられるようになってきただけです。

5月27日に講習をすることは以前から決めていました。
すでにポツポツと参加者はいますが、治療家以外でも参加できるようにします。

あらためて募集要項を決めて近日中に公開します。
損はしない講習になりますよ。お土産つきですからね。

どんな人と会えるのかな。今から楽しみだな~。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket