テーピングがきちんとできる整骨院は、どのくらいあるのかしら?

こんにちは。サイモン山田です。
久々に連休です。
遊びに行きたいけど、台風が気になります。どうしようかな~。

さて今日は、

整骨院とテーピングについて。

先日、ホームページを見て来院された方がいました。

しかも「東京 テーピング うまい」で検索をかけて、
やまだ整骨院のページを見たそうです。確かに僕はテーピングうまいですけどね(笑)。

その方は以前かかっていた整骨院の先生が辞めてしまったそう。
他の院に行ってみたけど納得がいかなくて、ネット検索したそうです。

バレーボールをやっていて、肩が痛くて来院されました。
肩には、他所の院で貼ってもらったテーピングが。

・・・・・・・・・!!!。
そりゃないぜ、セニョリータ!
ひどい貼り方のテーピング!

15cmのテープが申し訳なさそうに、2枚重ねて貼ってありました。
あまりのひどさに、思わずスタッフの菅原先生を呼んでしまった。
そして初診なのに、見せてしまったくらいのひどさ。
ホントは初診の患者さんにそんなことしたら、怒られちゃいますけどね。

あえて言います。
ちゃんと勉強して下さい!治療業界の皆さん!
患者さんにテーピングするなら、ちゃんと勉強して、練習して、臨床経験も重ねて、患者さんに貼って下さい!

もちろんテーピングがうまい先生もいるのは事実。
予測の範囲を出ませんが、たぶんちゃんと貼れるのは、全治療関係の院のうち、1割に達しないでしょうね。
まああくまで私見ですけどね。

テーピングマスターを自負する僕としては、何でもっと勉強しないのか?
と、はなはだ疑問に感じます。

テーピング1

このくらい貼れる人、どのくらいいます?
コレ貼ったのは僕。当たり前か(笑)

今の治療業界は一部の先生を除き、テーピングの技術は、
たぶんアスレチックトレーナーの足元にも及ばないでしょう。

あと6年で東京オリンピック。
外国人が整骨院にくることはまずないとは思います。
でも、サポートする立場に回ることは可能でしょう。

それよりも、普段の患者さんにですらテーピングがきちんと貼れない現状。
プロのアスリートに貼っているわけではではないんです。

もしテーピングができないのなら「できない」といった方がいいのでは?
できないのにやったら、誰が迷惑するのか?
当然、患者さんです。

僕はハッキリ言って迷惑です。
もしテーピングを貼られたその人が、テーピング経験初めてだったら?
「テーピングって大したことないな」って思われても仕方ない。
これはシャレにならないですからね。

たぶんテーピングって、ナメられてるんでしょうね。
カンタンにできるってね。

ここに関しては、いろいろ思うところがあるので、また別の機会に書きたいと思います。
日曜日のブログなのに熱くなってしまった・・・。
ゆるく書こうと思っていたのにね〜〜〜〜〜。

いつもおよみ下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket