*

整骨院が増え続ける理由

こんにちは。サイモン山田です。
昨日のセミナーは素晴らしかったな~。
鉄は熱いうちに打て、ということで今日もお出かけしています。

さて今日のテーマは、

整骨院が増え続ける理由

以前のブログで、
「完全に過当競争で飽和状態で、単純に独立開業したのでは早晩立ち行かなくなる」
そんなことを書きました。

それでも、毎年毎年、雨後の筍のごとく整骨院は増え続けています。
ずっと右肩上がりです。景気の動向とは正反対のように。

理由はさまざまあります。
①資格取得後の独立開業のしやすさ
②初期投資費用が少ない
③基本的に仕入れがほぼない
大きく言えば、この3点でしょうか。

僕は①~③ともに、ほとんど正反対の行動をしています。

①から説明すると、国家資格を取得すれば誰でも整骨院を開業できます。
インターンシップがあるわけでもないし、実際に実力が伴わずとも開業している人もいます。
それがいいか悪いかは、個人の判断に任せます。僕は反対派ですけどね。
僕は独立開業までに、約13年かけて修業していましたから。
機関が長ければいいというわけではなく、何を目的にするかですけどね。

②に関して。
大げさに言えば待合室と受付、ベッドだけあれば何とか開業できます。
それだけじゃダメだとは思いますけど、とにかくとりあえずは開業できます。
もちろん、保健所の検査をクリアしないといけませんが。
僕は狭い院ながら、待合室のスペースを極力広くしました。
ベッド、イス、カーテンの配色を考慮したし、ほとんどのインテリア関連を木材に統一しました。
物療機械に関しても、ちょっとこだわりました。

そして③について。
ホントに仕入れは少ないです。
薬剤を扱うわけでもないし、飲食店のように生ものを扱うわけでもないし。
僕の中での最大の仕入れは「有意義なセミナーに参加すること」
これが最大の投資であり、僕にとっては最大の仕入れです。

だから何に対しての仕入れか?と言われたら、
「自分の脳みそに対しての、感情に対しての仕入れ」なんです。

整骨院が増え続けた先の行方

まだまだ整骨院は増え続けていくでしょうね。
今年、来年あたりでピークだと言われているみたいですが。
あとは保険制度の改革との兼ね合いになるのかな、と。僕は思います。

ピークを過ぎたら、既存の整骨院が楽になるのか?
もしそう聞かれたら、僕は「楽にならない」と答えるでしょうね。

なぜピークが過ぎるのかと言えば、整骨院が儲からないと民間企業が判断した。
僕はそういうふうに思いますから。

今は法人格を持った企業が、多店舗展開でどんどん整骨院を増やしています。
それはそれで悪いことでもなんでもありません。

そのような企業は儲かるから参入してくるのであって、もし儲からない、と判断するようになったら撤退していくことでしょう。
ということは、企業の方がもともとリサーチ力には長けているでしょうから、
この業界の先は明るくないから撤退した、そう判断するほうが妥当だと思うんです。

だから、ピークを過ぎても楽にはならない、そう思います。

まあそんなこと考えて現状分析をしても、必ずそうはならないですから。
分析と同時に、やっぱり「自分に対する投資&仕入れ」が一番いいんじゃないかな。

昨日のセミナー140名参加していましたが、整骨院は僕だけ(笑)
そりゃ目立ちますよ。しかもスタッフとして、バリバリ動いてればなおさらです。
初めて名刺交換する方も「サイモンさんですよね〜!いつもブログ見てます〜!」、そんな方もけっこういましたからね。
治療家でそんな事言われてる人、少ないでしょ。
勉強してるから、情報発信してるから、そうなっただけです。

さいたま2こんな感じでめっちゃ盛り上がっていました!
140人のうち、結局88名が懇親会に参加して下さいました。
この人数をさばくのは、大変だったけど面白かった。

まあこんなことやってる治療家はいません(笑)
でもやろうと思えば、そして行動すれば誰でもできるはず。
こんな不器用な僕にでもできるんですからね。

治療家でもできることなんて、山ほどあります。
これが整骨院が増え続ける中で、生き残っていける要素の一つなのかもしれません。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足の疲れを取る、疲れにくくするテーピング、あります。

足の疲れに効くテーピング。 たった一枚貼るだけで効果アリ。 姿勢の

腰痛・肩こり、どこに行けばいいのか分からない。信頼できる人の言葉を信じて行動するのが一番です!

治療を受けたいなら有資格者のところに行きなさい。 無資格者のところでい

行き詰まる時の共通点はある。ピンチを脱出する時の考え方とは?

基礎や基本は本当に大切。 土壇場ではそれが表に現れる。 だからこそとこ

ライブ&リアルと、動画の差は当然ある。両方を融合させる使い方を考えよう。

ライブやリアルは伝わりやすい。 動画だと伝わりにくい。 たぶん伝え手の

勝ちにこだわる姿勢はいいのか、悪いのか?

負けるより勝った方がいい。 スポーツをやるならガチでやりたい。 それは