場・雰囲気・空気を考えてみると?

こんにちは。サイモン山田です。
爽やかな秋の陽気です。
この季節が一番気持ちがいいですね。僕には。

さて今日のテーマは、

居心地について

場・雰囲気・空気で居心地をよくするとしたら、一番に何が必要なのかしら?
昨日、行きつけの理容室で散髪しながら、そんなことをずっと考えていました。

人?匂い?音?色?もちろん、その全てが大切にはなります。

その中でも一番はあるのかしら?
ない。たぶん一番はない。

でも感覚的に分かったのが、全てに対して感情が芽生えること。

人に対しては、スタッフはもちろんですが、来店しているお客さんも大切。

匂いはお店の匂い、シャンプーやスタイリング剤、パーマ液などの匂いも関係する。

音はBGMもそうですが、スタッフの話し声、お客さんの話し声も音です。

色はベースカラーがあって、その他のインテリアや小物類も色は付いています。

それを見て感じて、どんな感情が芽生えるのか?
それが結果として「居心地」になるんだと感じました。

一つのモノやコトで決まるのではなく、相対的に人の感情が居心地の良さを感じるいるだけ。反対に理由もなく、居心地の悪い場所ってあるでしょう?

相対的にというのは、人は過去の記憶から何かを比較したり、
思い出したりして、その時その時の感情をつくりだしているからです。

だから感情に絶対なんてない。
その時にたまたまそう感じてしまっているだけですからね。

初めての来店か、常連なのか、お得意様なのか?
この3パターンでも、居心地に対しての感情は違いますよね。

そして誰にターゲットを絞り、居心地を考えるのか?
これも重要ですよね。
やっぱりお得意様を再優先した方がいいんじゃないかな?

僕の感覚では、スタッフの居心地を優先してもいいのかな?と。
スタッフが居心地がいいと思えば、その感情はお客さんにも伝わる気がします。
単純に広い・狭いとかだけではありません。居心地ですから。

散髪中にいろいろ考えるのって、ちょっと楽しい。
居心地のいい空間では、アタマの回転がよくなるように思います。
シュシュ中はこんな感じです。

最近、内装外装ともにリニューアルしたんですけどね。
(その写真がありませんでした・・・)

朝倉さん、三瓶さん、大泉さん、いつもありがとうございます!

ここがカフェだったらよかったのに。
なんてちょっと思ってしまう。居心地いいし、仕事捗るし。
カフェにしても通用しそうだよな〜。

そんなことを思っていた、日曜の午後です。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket