*

格闘技の現場から学んだことは、非日常

2014/11/29|テーピング

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

悪い結果も、身体の症状も「シナリオ」があります。

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

山田さん(田山さん?)?の気持ちになったよ、ホントに。

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

本業?副業?どっちも自分の仕事です。

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

ソーシャルメディアは関係性を作るツールであり、知らないことを知ることができるツールでもある。

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

体験は何にも変え難い

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

悪いところより、いいところを探したら?

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

自分の良さなんて自分じゃ分からないでしょ。

2014/11/21|コラム

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

Keisuke Okunoyaの情熱接客を受けてキターーーーー!

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

誰にでもできることを「やり続ける」と、独自性が出る

山田 敬一 山田 敬一

続きを見る

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え