行動しなけりゃ意味がない

こんにちは。サイモン山田です。

saimon風邪・インフルエンザが流行っています。
ウチの子供たちはまだ大丈夫ですが、気をつけなくっちゃ。

さて今日のブログは、

人の考え方は基本的には同じ

人間は「痛みを避け、快楽を得る」ようにできています。
これは物理的なことだけではなく、感情的にもそうできています。

例えば、他人から見たら、睡眠時間を削って勉強をしていることは、痛みに感じるかもしれません。
でもその人にとっては、快楽を得ているのかもしれませんよね。
というのは、勉強することで先々の成果につなげることは、決して痛みではありませんから。

そう考えると、ウチに治療に訪れる人は、物理的に痛みを抱えている人です。
だから分かりやすい。

だとしたら、痛みを抱えていなくても来院してもらうには、どうすればいいのかしら?
これにはいろいろな答えがあるとは思いますが、そのひとつとして、
「未来に起こるであろう痛みを予測し、それを分かりやすく伝えること」
これが答えのひとつだと考えています。

もちろん答えはこれだけではないので、伝え方も工夫したり。
こう考えていけば、販促もシナリオを描きやすくなるし、取り組みやすくなるのでは?と思います。
セミナーに参加したり、勉強を重ねるというのも、基本的は考え方は同じです。

売上・利益減少という「痛み」を避け、
売上・利益増大という「快楽」を得るためですから。

「痛み」「快楽」と書くと、言葉尻が違うかもしれませんが、基本線は間違いなく同じはずです。

ただここで気をつけたいのが、セミナー参加や勉強していること自体が「快楽」になってしまっている場合です。
行動が伴わないと、いずれそれはまた「痛み」に変わり、今までと同じように「快楽」を得るように、セミナーに参加するようになってしまう。

僕も以前は「セミナー病」みたいになっていたことがありましたから分かります。
参加しただけで満足してしまっているような状態です。
この状態、「痛み」と「快楽」がスパイラル状にやってきますから、ハマルと抜け出しにくいんです。

僕は今でこそ、「行動に移すこと」がベースになっています。
その思考でセミナーに参加しますし、勉強もしていますから、結果は出やすいです。良くも悪くもね。

今はセミナーをする立場でもありますから、「どうやったら行動しやすくなるか?」を考えて、伝え方を考えています。
だって参加してくださる方に、「痛みを避け、快楽を得る」スパイラルに、ハマって欲しくはないですから。

フロリダセミナーまで、あと5日。
資料を作りながら考えていたのは、こんなことでした。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket