憧れや理想、気持ちだけでは仕事はできない。圧倒的な量が作り上げることがある。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
今日からサイモンテーピングマスター講習がスタート。
準備中ですが、始まる前にブログの更新をしておこうかな。

憧れや理想、気持ちだけではできないことがある。

僕がこの仕事に就いた理由のひとつは「バスケットボールをしていてケガをした時に整骨院の先生に治してもらったから」でした。
治してくれた先生のことを素直にスゴイと思ったし、その先生が一発で憧れの対象になりました。
独立心もあったことも手伝って、治療業界にどっぷり浸かってしまい、今日に至るという感じです。

0042401▲柔道整復師の資格は専門学校卒業と同時に一発で取りました。当時21歳。
資格取り立ての頃は何にもできないクセにできるような気がしていた、勘違い時代です。

同業者の中には同じような体験から、この仕事に就いた人も多いんじゃないかな。
そして他の仕事でもけっこうあるような気がするんです。

医師をはじめとした医療系の人たち、看護師さん、理学療法士とか介護福祉士。
各種セラピストやカウンセラーなどもそうかもしれませんね。

僕が専門学校を卒業したのはもう20年以上前です。
在学中でも何人かはこの仕事が合わずに、辞めていった人もいます。
僕たちの学生時代は必ず治療現場でアルバイトという名の丁稚奉公をしていましたから、合わないというか「やってられねーよ!」と思っても仕方ないかもしれないけど。

この歳になって思うんですよね。
憧れや理想は大切だけど、適性というか向き不向きってあると思うんです。
言葉を悪くすると、ダメなヤツはダメなんですよね。
向いてない人はいますし、できない人はできないんですよね。

できるようになるには、圧倒的な量が必要なだけ。

僕は丁稚奉公時代に「弟の方が器用そうだから、お前より弟の方がこの仕事に向いてるよ」とその時の大師匠に言われたことがあります。
それでも面倒を見てくれた師匠には本当に感謝しています。
(僕には大師匠と、直系の師匠がいます。師匠には感謝してます。ホントに)
だから徹底的に練習はしました。
結果的に圧倒的な練習量が僕をここまでにしてくれただけです。それ以外に理由はありません。

治療スキルもテーピングも、それこそ外科手術も注射も、カウンセリングもセッションも、圧倒的な量を重ねれば、一定以上の成果は出ます。
でも飛び抜けられるか?と言われたらそれは違う。

センスとかタイミングとか「目に見えない何か」を味方につけると飛び抜けられるんじゃないかな。
憧れや理想だけでその仕事を始め、最初はうまくいくのかもしれないね。

でもさプロならそれで終わりじゃないでしょ。
練習を重ね、工夫をし、自分の腕を磨き続けて上でしか提供できないはず。
卒業したから、資格を取ったからだけでは何にもできないわけ。クルマの免許と同じことです。

その仕事に就いたなら、患者さんにお客さんに喜んでもらえるようにしよう。
最低限のことではなく、最大限の練習をしよう。
今日のテーピングセミナーでも同じ話をします。僕の根幹だからね。
ではまた!

追伸。
最近はにわか治療家・にわかセラピスト・にわかカウンセラー・にわかコンサルタント、にわかアドバイザーがいっぱいいるって思うな~。
何か変なの。って思うのは僕だけでしょうか?そんなにカンタンなもんじゃないんだけどね。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket