*

信頼は「ちょっとの配慮」で得られたりする。どこに気を使いますか?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。

一発で信頼してもらえる「飛び道具」なんてない。

この仕事をしていると「新規の患者さんを一回で○○する△△な方法とは?」そんなDMが送られてきたりします。
あとFAX-DMもまだまだ多いのが治療業界の特徴かな。
他の業界はどうなんだろう???(苦笑)

「一回で」というのは無理がない?と個人的には思うんです。
ボクでも「一回で」という経験はありますけど、言い切るには再現性が乏しい気がします。
実際にその類の中身は知ってるけど、そんな大層なものじゃなかったりしますからね。

批判や批評をしていても仕方ないので、ボクが普段から気をつけていること。
それを書いていこうかな。

患者さんは大抵「困った時に」来院します。初診時は特にそうですよね。
調子が悪かったり、痛みがあったり、ケガをしていたり。
そんな状況の時に「治療院に」来院されます。
何にもなかったら来る必要はありませんからね。
いわゆる「マイナス」な状態です。ヘコんでいる状態です。

初診時だからはじめに「問診」をしますよね?
何を気をつけますか?

たったひとつ気をつけるだけで印象は変わります。

ボクが気をつけていることはコレです。

威圧感を与えないこと&安心感を与えること

本当にたったひとつ。コレだけを意識しています。
ボクはデカイですし、見た目イカツイですし。
何もしてなくても威圧感ありますからね~。

どうするかといえばコレをします。写真をご覧下さい。

0010050100100502▲上の写真は立って話を聞いている。
下の写真はしゃがんで話を聞いている。
あなたが患者さんだとしたら、どちらが話しやすいですか?

患者さんから見て、上は見上げながら話をする姿勢になり、下は見下ろしながら話をする姿勢になるんです。
ちょっと写真になると分かりにくいかもしれないけどね。

もう分かっちゃったかな?
そうです。ボクはしゃがんで話を聞きます。

たったこれだけです。
これだけなんですけど威圧感は減るし、安心感を与えることになります。

じゃあイスに座ってならいい?
ボクはしません。院内のレイアウト上の都合もありますけど。

ただでさえ「マイナス状態」の患者さんです。
上から話されるのはもちろんのこと、同じ目線でも威圧感はあるんです。

一度は医者にかかったこと、誰でもあるでしょう?
イスに座ったお医者さん、別に何もしてないのに威圧感ないですか?
あの状態なんです。ボクらだってそう見えているはず。

だからしゃがんじゃいます。
患者さんは上から見下ろす。ボクらは下から見上げる。
このくらいのポジションでちょうどいいバランスになりますからね。

症状が良くなるかどうかも、威圧感や安心感、印象や感情に左右されます。
ただ一生懸命治療すればいいわけじゃないですからね。

いかがでしょうか?
あくまでボクの場合ですけどね。ホンのちょっとしたことが大切になります。
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、

お呼ばれされたら行きますよ!<埼玉で開催!第二回初心者OK!テーピング講習>

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?

ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な