*

ボクにはあなたの痛みや不安を取り除くことはできない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

誰が治すの?それは患者さん自身です。

ウチには痛みを抱えた患者さんが来院します。
そりゃ整骨院だから当たり前ですね。
もちろん治療をするわけですが・・・。

ボクにはその不安を取り除くことはできません。
しっかり治療もしますし、適切な言葉もかけます。
それでもね、良くなるのは不安じゃなくなるのは「あなた自身」です。

反対から見れば。
治療家に患者さんの痛みや不安を取り除くことなんてできません。

まあ異論反論、た~くさんあるでしょうけども。
治療はただの良くなる「きっかけ」にすぎないとすら思っています。

そんなことを言ってるボク、以前は、

「オレが治してやるゼーーーーー!」

と全力で息巻いてるタイプでした。
(今となっては最高に恥ずかしい・・・)

でもね25年もこの業界にいれば分かってきます。
「あ、これって自分が治しているわけじゃないんだな」って。

この言葉、信じます?信じません?
信じないなら、この先は読まなくていいですからね~。

ボクのやるべきこと、治療家のやるべきことは、
「患者さんの『治るスイッチ』を押してあげること」だけです。

だから良くなるのは、患者さんのやることなんです。
ボクは今の時点ではそう思っています。

17012301▲治療家としての自身は持って治療はしています。
でも「自分が治してる!」という実感はあんまりないです。
人間の持っている力を信じて治療しているって感じかな~。

人間のチカラを信じよう。

もちろん治療技術は必要不可欠ですよ。
これは今さら言うまでもないことなんだけど。

同じような症状に、同じような治療をしたとして。
「良くなるケースと、良くならないケース」、あると思いませんか?

これって技術の問題?見立ての問題?治療家の問題?
それとも患者さんのカラダの問題?ココロの問題?
信頼関係?相性?タイミング?

全部。です。
これら全てだとボクは思います。

ボクたち治療家はそんなに大したことはできない。
たまたまうまくいってるだけなんじゃないのか?
もしかしたら患者さんが優しいだけなんじゃないのか?
そう思うことはないのかしら?

良くなるのは、不安から解放されるのは患者さん自身です。
ボクたち治療家がそんなことはできない。それは「越権行為」ってヤツです。

大丈夫です。
人間は必ず良くなるように、不安がなくなるようになってます。

治療家も結果が残せなくても大丈夫です。
良くなるタイミングではない時が患者さんにはあります。

患者さんも痛みが取れなくても大丈夫です。
自分が良くなることを信じられていれば大丈夫です。

たまたまそんな患者さんがいて、そんなことを話したもので。
でもその患者さんはたぶんこのブログは読んでないな~(苦笑)

ま。しょうがないよね。こればっかりは。
このブログを読んでくれた人が少しでも痛みから解放されたら。
ボクはそれで十分です。あの人は読んでくれるかな~?

いつもありがとうございます!ではまた。

 

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え

膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、