身体の歪みって何?歪むと痛みが出る?

身体はそんなにカンタンに歪まない。
歪みで痛みが出ることもあれば出ないこともある。
歪みより注意したいのは動きがあるかどうか。

身体が歪むと痛みが出る?

「身体が歪んでますね〜」
この言葉、治療家はよく使うし、実際に言われたことがある人もいると思います。

ボクはあまりこの言葉は使いません。
以前は使っていましたが今は使わないようになりました。

「身体が歪む」ってどんな状態なのでしょう。
反対に「身体が歪んでいない」ってどんな状態なのでしょう?

そもそも人間の身体は左右対称には出来ていません。
外側からは左右対称のように見えますけどね。

利き手、利き足、利き目、もあるし。
内臓も片側にだけある臓器があるし。

ハッキリ言ってしまえば「身体は歪んでいるもの」だと言い切っても差し支えないんじゃないかな。

「足を組むと身体が歪む」なんてのもあります。
ボクはそんなことないと思ってます。
24時間足を組み続けるわけでもないし、足を組んでラクなら組んでいいんじゃないかな。

▲講習などのスライドでも姿勢や歪みの話をします。
このスライドだけでけっこう長い話になっちゃうんだよね〜。

身体はそんなにヤワじゃない。

人の身体はそんなにヤワじゃないし、自分自身でうまくコントロールしています。
恒常性維持、ホメオスタシスの一部でもあるんじゃないかな。
内臓系のことだけではなくて、骨格や筋肉系にも言えることでもあります。

これは常日頃から治療で意識していることです。
患者さんをボクの治療で治しているわけではなく「治るためのお手伝いをしている」と言い切れるのはそのあたりからなんです。

でも実際に鏡を見て身体が曲がっていたり、肩の高さが違っていたりします。
顔が曲がっていたり、パンツの丈が違っていたり、スカートが回ってしまったりもします。

それで不具合があるなら直せばいい。

不具合って人によって違います。
痛みのことだけではないんですよね。

モデルさんなら身体が曲がっていたらそれは不具合です。
でもスポーツ選手ならどうでしょうか?
偏った使い方を強いられる競技っってけっこうありますよね。

だから身体が歪んでいたって大丈夫。
と言うよりは「身体が歪んでいない人はいない」ってことです。

完全に左右対称なんて幻想です。
左右対称なら痛みが出ないなんてことはありません。

「思い通りに動かすことができる」

身体(骨格や筋肉)にとってこれが最も重要なことです。
これ以外に何か必要なことってあるのかな?

二本足で立った状態で歪みのチェックをしたってしょうがない。
人間は動くでしょ。動きで考えなくちゃ意味ないでしょ。

ボクも治療ではたった状態でバランスのチェックをします。
でも左右対称かどうかを見ているのではなく、立った状態で首や肩甲骨、腰や骨盤の動きを見ているんですよ。

もし治療院を受診して「身体の歪みが原因です」って言われたら、「どうして歪むと痛みが出るんですか?」って聞いてみて下さい。

その答え方で治療家の考え方が分かると思いますよ。
参考にしてみて下さいね。

やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket