*

聞くは一時の恥?聞くのは恥ではないよ。ただし聞く時に意識することがある。

分からないことは聞いてしまえばいい。
聞くのは恥でも何でもないんだから。
そのままにしておくことの方が恥ずかしいかも?

聞くのは恥ずかしくないこと。

誰でも知らないこと分からないことってあります。
それを放っておきますか?自分で調べますか?

もちろんそれなりに自分で情報収集することも大切です。
それでも分からないなら素直に教えてもらえばいいんです。

聞いちゃえばいい。
教えて。って言っちゃえばいい。
聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。
これはまさにその通りだと思います。

憧れる人、憧れられる人。
尊敬する人、尊敬される人。

ボクにもいます。
自分にはない「何か」を持っている人。
これは先天的なものではなくてね。

きっとその人たちは何か秘訣を持っているに違いない。
その秘訣が聞き出せれば自分もそうなれるのではないか?
ずっとそう思っていました。

でも実は秘訣なんてものはないことが多いです。
コツくらいはあるかもしれませんけどね。

素直に教えてくれるとも限りません。
ヒントだけくれて「自分で考えなさい」そんな場合だってありますしね。

▲院内では「聞かれる」ことの方が多いかな~。でもボクからも患者さんにいろいろ教えてもらうことも多いです。昨日のコミケの話もそうだったっけ。

聞くのは恥ではない。だけどね。

ただしそこに「コストがかかることがある」ってことは知っておくこと。
タダで教えてもらえることもありますけどね。

聞く相手は「自分が知らないことを知っている人」です。
「憧れの人」であったり、「尊敬する人」の場合もあるかもしれません。

その相手は「自分がやっていないこと」、あるいは「やっていても結果が出ていないこと」で成果を残している人のはずです。
つまり自分より先を歩いている人であり、自分より行動している人のはずです。

セミナーや講習などはその典型例です。
コンサルやアドバイスなどもその部類に入るでしょう。
だから聞く時にコストがかかるのは当然ですよね。
タダでセミナーや講習なんて受けられないでしょ。
(もちろん集客目的の安いセミナーもありますけど)

以外のケースもあります。
ボクなんてお酒を飲んでいる時なんてしゃべりすぎちゃいます。

普段なら話さない内容も話してしまうこともあります。
モッタイナイとは思わないけど「これお金取れる内容ですよね~」と言われることはよくあります。

それはさておき。
聞きたいことがある、そしてそれを元に結果を残したい。
そう考えているなら聞いてしまった方がいい。

もちろん聞く前に自分でもできることはやっておくことです。
自分では何もアクションを起こしていないのに「教えて下さい!」は相手に対して失礼だと思うのです。

たまにセミナーなどで「超初心者」の人がいます。
それはそれでかまいませんし、ボクもできる限り丁寧にお伝えします。

ただし「初心者」「未熟」という言葉を隠れ蓑にし、自分でできることを怠るのは話が違います。
できることは自分でもやらないと「それ前回も同じこと話したでしょ」「前回も同じことやったでしょ」になりますよ。

情報であれ、練習であれ、まずは自分でやること。
それでも分からなければ、聞いてしまえばいいんです。

ちなみに。
結果を残しているたいていの人は聞いたら答えてくれるものです。
そんなケチくさい人が成功しているわけないし、そんな人は器が大きいものですから。

そして案外「話したがり」の人も多いです。
聞いてくれれば話すのに、そんな人も多いように思います。

セミナーにきたら教えますよ。
もしそう言われたら、興味があるなら参加しましょう。
そう言うからにはきっと「企業秘密ネタ」があるのでしょうから。

ボクもそう言うことが多いかも?
だってその場では伝えきれないことが多いから。
そのかわり損はさせませんけどね。

やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え