*

整骨院の選び方

整骨院(他に接骨院・治療院・整体院など)の選び方

まずはじめに、院のホームページは必須です。
ないとダメと言っていいです。

現在このページをパソコンまたはスマートフォンでご覧頂いていることと思います。
街で見る看板やチラシ・新聞折込広告などは、整骨院・接骨院には「広告の規制」が存在するため、十分な情報が手に入れにくいものです。ホームページで院の詳しい情報が確認できることが大切でしょう。

今の時代、ホームページがない院は、ちょっと不親切だと言えると思います。
そこにあなたの疑問点や、体や症状に関する内容などが記載されていれば、比較的選びやすいのではないでしょうか?
そしてどんな症状に対応してくれるのかが分かれば、選ぶきっかけになりますよね。

また院長はじめスタッフの顔やプロフィールなど、院内の様子が見られるといいと思います。
自分の体を任せるわけですから、ドアを開けるまで「どんな先生か?」「どんなスタッフか?」「怖くないかな?」「清潔かしら?」そんなことが分からないと不安ではありませんか?

もちろん、ホームページだけでは「本当にいいのか」は分からない部分もあります。
今はいい部分だけを強調している院が多いのも事実です。
そしてまたホームページを持たない院でも、素晴らしい院があるのも事実ですしね。
あくまで判断材料のひとつにしていただければ、いいのではないかなと思います。

では、実際に通院した場合です。

結論からカンタンに言えば、先生が「話をしっかり聞いてくれるかどうか?」です。
僕自身の見地としては、

・問診(質問しながら話を聞く)
・視診(痛みのある部分を見る)
・触診(痛みのある部分を触る)

この3点で、治療する部分の、かなりの割合が見えると考えます。
その一番はじめとなる「患者さんの話を聞くこと」おろそかにし、いきなり「はい、ベッドに寝てくださいね~」となる院は、クエスチョンマークをつけましょう。

さらに、「先生がしっかり質問に答えてくれるか?」も大切です。

質問に答えられなかったり、お茶を濁すような返答では心許ないと思います。
しかし質問に対し、分からないことは「分からない」とハッキリ伝える院は、良い院だとも言えます。でもその際は、他院に移った方が懸命かも知れませんが・・・。

 治療についてです。

これは一人ひとり、個人的なの感覚的な部分もありますので、ハッキリ書くことが難しいのですが、単純に「マッサージのみ」の院は、僕としては疑問です。
もちろんマッサージ店はOKですが、整骨院とは役割がハッキリ違います。(ちなみにマッサージは国家資格を有した者しかできません)

特に保険治療ができる院で、ほぼマッサージのみの院は「慰安行為」に近いと思います。
(ちなみに慰安行為は保険適用にはなりませんので、ご注意を)
きちんとした「治療」を求めるならば、手での技術(施術といいます)が必要不可欠なはずです。もしマッサージだけしかしない、電気治療などしかしない院ならば、その理由を聞いてみることをオススメします。

最後に、先の見通しです。

「また明日来てくださいね~」だけでは、×です。

・どうしてその日に来なくてはならないのか?
・先々どんな感じで症状が回復していくのか?

そのあたりを的確に答えられる院は、良い院だと言えるでしょう。
自分の身体を預けるわけですから、質問もしていいですし、分からないことがあったらどんどん聞いて下さい。

☆余談ですが・・・。

僕自身が整骨院を運営していますので分かることですが、最後には「相性」とでも言いましょうか、そのあたりが決め手になる部分もあります。
やはり患者さんも治療家もお互いに人間ですので。
院・治療家・スタッフ、そして患者さん。お互いに信頼関係が生まれると、治療の効果も上がるものだと思います。


公開日:
最終更新日:2017/02/02

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
安いものにも、高いものにも理由がある。

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日は初め

「ゲリラ雹(ひょう)」が直撃した。さあどうする?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 昨日はマジ

言葉が信じてもらえないのには理由がある。

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 朝一番の患

医療機関、どう判断して決めますか?

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。 今日も暑い

仕事が(治療が)うまくいく「コツ」は存在する。

こんにちは。テーピングマスター・サイモンこと山田敬一です。 毎日暑いで