「紹介」と「クチコミ」の違いは明確にあります。

こんにちは。サイモン山田です。
今日は午後を休診させていただきました。ゴメンナサイ。

20150316月例の「ハッピー思考塾」に参加しております。
しっかり勉強しております!皆さんありがとうございます!

さて今日のブログは、

当たり前ですが、紹介は人から人に起こるものです。

やまだ整骨院は新規患者さんの来院のうち、90%以上が紹介からの来院です。
これは何度も書いていますけどね。

突然ですが、僕はクチコミという言葉を使いません。
紹介という言葉しか使いません。

その理由は、言葉の質です。
紹介とは基本的に「いいこと」しか紹介しないですよね。
わざわざ人に「悪いこと」を紹介はしないんです。
最低限、その人のフィルターを通して「いいこと」だと判断しているからこそ「人に紹介している」わけです。
もし「悪いこと」だと判断して紹介していたら、けっこうなワルですよね(笑)

そしてクチコミ。これは良いことも、悪いことも含みます。
「良いクチコミ」「悪いクチコミ」ってありますからね。
だから僕は紹介という言葉を使います。クチコミとは言いません。

こちらから積極的にして欲しいのは、クチコミではなく紹介です。
悪いことを紹介して欲しくないでしょ。
自分が使う言葉で結果は違ってくるものです。これは間違いない。

では治療家にとって必要なのは、クチコミ?紹介?どちらでしょうか?
これだけ治療院がある中で、座して選ばれるのは至難の技です。

クチコミではなく、積極的に紹介が起きればいいと思いませんか?
クチコミという言葉が悪いわけではなく、言葉使いで相手の行動が変わるなら、僕は紹介という言葉の方がいいですけどね。

その繰り返しで出来上がったのが「紹介スパイラル」です。
「クチコミスパイラル」ではないのはそんな理由です。

これって、治療業界だけの話ではなく、僕の業種に近い人はみんな同じではないでしょうか?
欲しいのは紹介?クチコミ?どちらでしょうか?

言葉の使い方ひとつで変わるなら、その方がいいと思うんだけどな〜。
僕は「クチコミ」は使わない。だから「紹介」を使っています。

来月の治療家向けのオープニングセミナーまで、あと一ヶ月と少し。
席にはまだ余裕はあるそうです。

自分で言っちゃいますが、このセミナー超面白いわ〜。
治療家向けセミナーですが、他の業種の方から質問をいただく始末。

「治療家じゃないですが、参加しちゃダメですか?」って。

コレはジョイントしている主催者、田村さんに聞いてみますね。
田村さんのブログはコチラ

あ。申し込みはお早めに〜。下記のリンクからどうぞ!
http://www.onko-chishin.net/smn/form.html

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket