*

肩こりを馬鹿にしないでね♡

こんにちは。サイモン山田です。
今日は新規の患者さんが多かったな〜。みんな紹介の方。
こんなに紹介してもらえて、ホントにありがたいです!

さて今日のブログは、

ただの肩こり。そうではない肩こり。

ウチにもいわゆる肩こりの患者さんは多いです(保険では治療しませんよ)。
でも本人が肩こりだと思っているだけで、ただの肩こりではない症状の方が圧倒的に多いんです。

今日は肩こりをカンタンに3つに分けてみました。
①首の症状から来ている肩こり
②背中の症状から来ている肩こり
③カラダのバランスの悪さから来ている肩こり。

まずは肩こりの大まかな説明から。
肩から首、背中にかけて「僧帽筋」という筋肉がついています(筋肉の名前は覚えなくていいですからね~)。
だいたいはこの筋肉が張ったり、こわばることを肩こりっていいます。
でもこの筋肉だけが張ることはあまりないんです。カラダは連動していますからね。

肩こりを3つに分けて紹介します。

では①。首の症状から来ている肩こり。
首には7つ骨があって、その骨と回りについている小さな筋肉たちが、約5kgもあるアタマを支えています。
アタマの位置が肩よりも前になっている時、首にはかなり大きな負担がかかっている状態です。
そうすると首の骨の位置もおかしくなってくるし、筋肉も異常に張ったりしてしまいます。
それで肩こりになるというわけです。
この状態で肩を揉むのは一時的にラクになったとしてもあまり効果的ではありません。

では首の筋肉を揉めばいいかというと、首は細かい神経があります。
むやみに揉むと神経を圧迫したりして、かえって逆効果の場合もありますから要注意です。

092801こんな風に首は揉んじゃダメですよ〜。自分でやるのもダメよ。

そして②。背中の症状から来ている肩こり。
背中には肩甲骨がありますよね。
この肩甲骨の動きが悪くなっていると、カンタンに肩こりは起こります。
その肩甲骨の内側から首にかけて「肩甲挙筋」という大事な筋肉があります(これも覚えなくてよし)。
肩甲骨が動きにくくなっている時は、同時にこの筋肉も動きにくくなっていますので、まずは肩甲骨の動きをつけていくこと。

最後に③。カラダのバランスの悪さから来ている肩こり。
カラダのバランスが崩れている時は、足首・膝・股関節・骨盤・・・いろいろ原因が考えられるので、ひと言では片づけられません。
どこかが悪さをしている場合もあれば、連動して悪さをしていることもあります。
こうなっていたら要治療なので、信頼できる治療家などに委ねて下さい。
あ。もちろん僕でもいいですよ(笑)。

番外編として、ちょっと書いておきますね。
血圧が高いと肩こりは起きやすいとされています。
しかもこの場合の肩こりは脳に直接圧力がかかっていくので、高血圧の方は肩こりを侮らないで欲しいです。
そしてその肩こりも肩を揉むことだけが解決方法ではない、そう認識しておくことが大切です。

肩こりの対処方法としてはサイモン体操は効きますよ。
これだけでもかなり効果的ではありますので、ぜひやってみて下さいね。

サイモン体操はコチラから〜!

いつもありがとうございます!ではまた!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、

お呼ばれされたら行きますよ!<埼玉で開催!第二回初心者OK!テーピング講習>

足が速くなる?柔軟性がアップする? 痛みがなくなる?歩きやすくなる?

ゼロから1にする。伝わらなければ価値はゼロ。<6.12フロリダ族セミナー>

人それぞれに価値はある。 でも伝えなければ価値は分からない。 伝え方を

速く走れるテーピング!運動会や体育祭で1番になっちゃおう!

テーピングで速く走れるようになります。 正しい骨格の位置にしてあげるこ

専門性はリスクなのか?多様性を認めると楽になります。

専門性、プロになるのは大切なこと。 多様性、マルチタスクも同時に大切な