*

そもそも整骨院っていつ行けばいいのかしら?

こんにちは。祝日の朝のサイモン山田です。
また肌寒くなっている気がします。寒いとキズが痛いのよね。

治療を受ける最適なタイミングとは?

治療後、患者さんによく聞かれることの一つが、
「次はいつ来ればいいですか?」ってことです。

症状のあるなし、先々にやること(スポーツとか)のあるなし、でもちろん変わります。
僕の目から見て明らかに「次は明日」とか、「次は1週間後」とか分かっていれば、それを素直に伝えますよ。

でももし体調を常に良くしておきたいなら、3週間に一度のペースで治療をしたいところです。
なぜなら人のカラダの中が入れ替わるサイクルが、約3週間だと言われているからです。

だから大切なことは「初診時」なんですよね。
その人がどうしたいのか?これが分からなければ、患者さんに伝えようがありませんので。

僕ら治療家が勝手に「痛み」にしかフォーカスしていないから「痛い時にしか来ない」そんな運を天に任せるような運営の状態になってしまうんですよね。

021501あ。でもね。。。
もちろんそれでもいいと思います。
実際に痛くなければ整骨院に行く必要なんてない。
そんな考えだって間違っていないですし、患者さんもそんなにヒマじゃないしね。

僕は患者さんを応援したい。そして希望を持ってもらいたい。

これを治療活動をしている上でのテーマにしています。
だから「痛い時に治療をする」というのは、僕のテーマのホンの一部分なだけなんです。

それほど調子が悪くなくても治療をオススメする、というのは、僕なりにその患者さんの最適な治療間隔を考えた上でオススメしています。
それに合わせて予約を入れる人もいれば、そうじゃない人もいます。
もともと予定が入っていれば、それは仕方がない部分もありますからね。

それよりも僕が気になっているのが「予約をはじめ、次にいつ来たらいいのか?」を、治療家が患者さんに委ねてしまっているという点です。
最終的には患者さん自身が判断するわけですが、それでも一応伝えようよ。ってこと。

それなのに、一回来て良くなったら来なくなっちゃう。って言わないこと。
そもそも「良くなってなくても」患者さんは優しいので、「良くなってません」なんてよっぽどヒドイ治療じゃない限り言いませんよ。
そして良くなっていたとしても「次にいつ来たらいいか分からない」としたら?

で、そのままフェードアウトしてしまう。。。
これって本当によくあることだと思いませんか?

上の赤字で書いた部分、これはけっこう重要なポイントですよ。
これを認識しているかいないかで、まったく違う結果になってきますからね。

繰り返しますが、最終的には患者さん自身が判断するわけです。
それでもちょんと伝えようよ。ってこと。委ねたままではダメだよ。ってこと。

整骨院に行くタイミング?治療を受けるタイミング?
その答えは実はあってないようなものなんです。

患者さんなら通院しているところがあったら今度聞いてみて下さい。
治療家なら次からは自分の考えでしっかり伝えて下さい。
それがきっと答えになると思いますので。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
望む未来を作り出すために

望むことを五感でイメージすること。 一緒に共有する仲間を持つこと。 あ

今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで