オススメするなら自分が体験したものをオススメしよう。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
ちょっと治療の間隔が空いてしまったため、整骨院は満員御礼状態。
「当たり前だよ!」って患者さんからも指摘されてしまいました(苦笑)

体験していないモノもコトもオススメできないはず。

この仕事をし20年もしていると、患者さんは基本的には僕を信頼してくれます。
もちろん僕に関わる全ての人がそうかと言えば、そんなことはありませんけどね。

僕がもし何か商品をはじめ飲食店や理美容院、または僕のような整骨院などのお店を紹介する場合、自分で使っていたり、そのお店に行っていたりしないとオススメすることはできません。
僕のことを信頼してくれている以上、単純にいい商品だから、友達だしいいお店だから、という理由だけではオススメなんてできません。
行っていないと、使っていないと紹介なんてできない。

だから僕は正直言うとあんまりお店を知らないんです。
自分が行っていて気に入ったら、そこの店ばっかり行っちゃうから。
これはちょっとずつ改善したいのよね~。でも基本的に人見知りだしね~。仕方ないか。

僕の仕事はあくまで治療がベースですが、院内で水素水を取り扱いはじめたらみんな興味を示してくれています。
何も聞かずに「山田先生がいいって言うなら」という理由で、買って行く患者さんもいますからね。

032501でも勝手に売れていくわけではありません。
ちゃんといろいろ「伝えるツール」は使いながら販売していますよ。
ツールのベースは「僕や妻の体験談」になっていますけどね。

治療院で本気でオススメするなら、自分で使ってからにしようよ。

ウチで口に入るもので扱っているのは水素水、高濃度ビタミンCのみ。
あとは除菌効果のあるユーカリスプレーと、腰のコルセットをはじめ治療関係の物品など。
水素水もビタミンCもユーカリスプレーもコルセットの類いも、自分で使っていないものは販売していません。

032504コルセット関係以外では扱っているのはこれだけです。
全部自分や妻が使っているものだけです。

だって使っていないと説明できないでしょ。
商品販売が本業ならばそこまで考えることはないのかもしれない。
実際にそこまで本気で使い込むのは、商品が多ければ難しいでしょうしね。

でも僕の仕事はそうではありません。
患者さんにとって「使ったら元気になる」とか「使ったらキレイになる」とか「使うと便利」とか「これを使えば安心」とかそういうことが基準になっています。
だから売り込みはもちろんしませんし、聞かれたら答えるだけですのでご安心下さいね(笑)

治療やテーピングのセミナーも同じ感覚。
自分が取り組んで効果があった、患者さんに喜ばれた(結果、売り上げにつながった)、そんな体験をしてきたことしかセミナーにはしません。
不器用な僕は机上の空論は使えないですから。

もちろん失敗も数多く経験してきました。
患者さんをケガさせたことはないけど、セミナー関連で事務が至らなくてクレームもありました。テーピングだって最初からうまくいったことの方が少ないです。

だから今は精度が高くなっています。
そりゃあれだけ失敗を重ねりゃ精度は高くなりますよ。
治療も販売もセミナーも事務運営も全ての面でね。

これから本格的にテーピングの講習がスタートします。
今まで自分が培ってきたことを、失敗も成功も合わせて伝えるだけです。

そしてそこで使うテーピングは当然ですが自分が普段から使っているものを使います。
新しく使い始めているテーピングをやっと紹介できる態勢になりましたからね。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket