*

SNSをやらない人の5つの理由。でも誰でもできるようにはなる。

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
久しぶりにダム巡りをしてきました。た~くさんSNSでアップしました。
前はそんなに反応がなかったのに、今はけっこう反応してもらえるように。嬉しいね~!

何で治療家はSNSをやる人が少ないのか?

これを自分なりに検証してみました。
でもこれって「治療家」を他の職業に置き換えても同じことが言えそうです。
そう思って読んでもらえると分かりやすいと思います。

①やるのが面倒&時間がない
②やっても反応が得られない
③SNSをやっても儲からない
④そもそも使い方が分からない
⑤今現在やる必要がない(と思っている)
ボクが思うにそんなところじゃないのかな~って。1000%当たってると思うけど。

ひとつずつ考えていきますね。
まず①やるのが面倒&時間がない。
SNSをやるのは確かに時間がかかります。
情報発信だけではなく、情報収集も必要なことですし。
これを「作業や仕事」だと考えるから面倒になるんじゃないかな。
お友達とコミュニケーションを取る、そう考えたらいいんじゃないかな~。

②やっても反応が得られない。
やり始めてすぐに反応が出るのなんて有名人くらいです。
見ず知らずの治療家に誰が興味を持ちます?
反応が欲しいのなら、自分から先に反応すること。
つまり自分から、いいね!やコメント、ファボやリツイートすることですよね。

③SNSをやっても儲からない。
はいその通りです。これは儲かりません。
SNSで儲けようと考えているならやらなくてもいいかな。
コミュニケーションを取ることで自分を知ってもらい、結果的に儲かることはありますけどね。
目的が違うから儲け目的でSNSはやらなくてもいいかな。

④そもそも使い方が分からない。
やり方は使いながら学ぶしかないですね。
もちろんセミナーに参加するのもアリですしね。
クルマを運転するには、教習所に行くでしょ。そして免許を取得します。
運転がうまくなるには運転に慣れるしかないですよね。それと同じことです。

⑤今現在やる必要がない(と思っている)
携帯電話を思い出して下さい。
その昔「オレは携帯なんて持たない!」って息巻いていたオジサンたちがいました。
今携帯がなくて仕事ができている人なんてどのくらいいます?(石原慎太郎くらいか?)
インフラ化した今、持っていないことで仕事ができなくなっちゃいます。
SNSも同じことなんじゃないかな。もうインフラ化しているといっても過言ではないし。

う~ん。当たり前のことばっかりだわ。でもその通りなんだよね~。

治療家だからSNSをやらなくてもいい。ホントにそう?

これ治療家じゃなくても同じこと。
特にリアルで店舗を持っていて、それなりに患者さんやお客さんが来ているとします。
そうすると普段の忙しさにかまけていると、あっという間に取り残されてしまいます。

0061401▲こんなダムの写真を載せて反応がもらえるなんてね。
 治療家のボクではなく、好きなことをしているボクでもいいんだ。

ここからは売り込みです(笑)
だから6月21日(火)のセミナーの意味があると思ってます。

というのは「それなりに仕事が忙しい人でSNSに取り組んでいない人」。
こんな人が多いんじゃないかな~と思うから。

当日、ボクと一緒にお話しをする杉山雅一さん(すぎちゃん)も忙しい人。
本業の酒屋さんの業務、地元の消防団や青年会の活動。
そして富士山の撮影。←ココが重要!
それでまたSNSを駆使し、さらに圧倒的になっているんです。

ボクもそう。
本業の治療活動は忙しいです。
講習もしているし、連載原稿もあります。
テーピングの開発もあるし、これから販売もはじまります。
そしてダム。←ココ重要!(笑)
SNSをやっているからいただいた仕事も多々あります。
で結果「ゴッドハンド」と呼ばれる(笑)一度死にかけたからね。
そして<今夜がヤマダ>というサブタイトルなわけです。

忙しくても発信したい人。
SNSで仕事を作りたい人。
好きなことで反応を得たい人。
ぜひセミナーに来てほしいな~。っていうか参加人数まだまだ少ないですので!
役立つ話もしますけど、業界のウラ話まで、しゃべりすぎるほどしゃべります。
普段のボクじゃ話さないこともこの機会にしゃべっちゃいます。
ここまでぶっちゃけるのは二度とない(と思います)。
0053102だからコチラから申し込みをしてね!
ではまた。

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。