誰にでも合う腰痛体操はない。その理由とは?

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
陽も短くなり、日に日に寒さが増してきてますね。
日中はいいけど、陽が落ちるとけっこう寒いんだよね~。

十人十色、カラダには特徴があるんだもの。

先日、患者さんと体操の話になりました。
「私、肩コリとか腰痛の体操、ネットでいろいろ調べたんだけどどれがいいのか分からなくて」
そんな話でした。

正直なところボクでもよく分かりません(苦笑)
体操のやり方もそうだし、理論理屈もいろいろです。

この患者さんにはボクが作った体操の動画を教えておきました。
肩コリとか背中、肩甲骨の体操です。
あ。その体操の動画はコチラからどうぞ。
他の体操と比べても分かりやすいし、やりやすいはずですので。

そもそも誰にでも合う体操というのはありません。
これは体操だけでなく、健康法もサプリも食事法も治療技術だって同じだと思います。
比較的万人受けするものはあるとしてもね。

だからネットで探すより、専門家にプロに直接聞いた方がいいです。
でもね・・・。ボクはあんまり教えないんですけどね。

00110701▲ボクは腰痛体操などはあまり積極的には教えません。
聞かれれば教えますけどね。それには理由があります。

そもそもボクの言うこと聞いてたら腰痛になんかならないよ。

腰痛になるにはいくつか理由がありますよね。
骨が痛くても筋肉が痛くても何らかの理由はあります。
最近ではストレスが原因になっていることもあるのはもう知られていることですし。

もし腰痛にならないようにするには?
適度な運動、適度な食事、適度なストレス、自分でのケア。
これらをずーっと継続できるか?ってこと。

だいたい人は「痛くなれば何かしらやろうとはする」ものです。
腰痛体操しかりストレッチしかり、何らかをやろうとします。
そして痛くなくなれば全くやらなくなる。こういうものですから。

ホントは「腰痛にならないために」体操とかストレッチをしてほしい。
でも99%、なってから何とかしようとします。

だからせめて「自分のカラダにあった体操、自分の症状にあったケア」をしてほしい。
もちろん聞かれれば答えますよ。でも聞かれなきゃ話しません。
聞きたい時が「やる時」ですからね。アドバイスなんてそんなものです。

ネット上には数多くの健康に関する情報があります。
それを素人が良し悪しを判断するのは極めて難しいです。
だってプロのボクでも難しいんですから。

だから自分に合った体操やケアを知ること。
いいですか?万人受けするものはありません。
あるとしたら大したことないものです。そんなもんですから。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket