*

ブログは「何を書くか?」ではなく「誰に書くか?」の方が大切です!

こんにちは。サイモン山田です。

ブログに何を書いていいか分からない?でも誰に書けばいいのかは分かりそう。

先日フロリダ族第5期がスタートしました。
この期は前回に引き続きSNSに特化した塾になっています。
フロリダ族とは?コチラから

SNSをもっと学びたい、使い倒したい、そんな人たち。
サポートするボクもまた新たな気づきがあります。
また自分のSNSに対する知識の復習にもなっていたりします。

TwitterやFacebookはまだとっつきやすいみたいです。
instagramに関してはみんなまだまだ。ボクも含めてね。

ブログに関してがハードルが高いみたいなんですね〜。
ボクがサポート担当したグループでも口々に「何を書けばいいのか・・・」とアタマを悩ませていました。

まだ一回目なんだし、はじめたばかりなんだし。大丈夫。
考えすぎて投稿できなくなっちゃうのが一番良くないんだけどね〜。

みんなネタはあると思うんです。
そのネタをネタだと意識しているのか、スルーしてしまうのか。

そして「何を書くか?」というよりは「誰に書くか?」と考えた方が突破口は拓けてくるように思うんですよね〜。
特に最初の頃はそう思います。

ボクがかっちゃんに教えてもらいはじめは「徹底的に患者さん向けに書くこと」を徹底されました。
まだアメブロで書いていた頃でした。

スクリーンショット 2017-01-19 11.04.17▲これがアメブロ時代のブログトップページ。
ブログのアクセスが一気に増えました。
ブログからの仕事の依頼も来るようになりました。
「何を書くか」より「誰に書くか」を明確にした結果だと思います。

個人店や小売店なら「お客さん向け」が鉄板です。

これはボクの体験的なことでもあるし、実際にそうだと思うんですよね。
もしボクが今ブログを立ち上げたばかりだとしたら、いきなり治療の細かいことを書いたところで反応は薄いはずです。

ボクの場合なら「患者さんから受けた質問」をベースにして、ブログの内容は「その回答」というカタチを取ればいいわけです。
たいてい「誰かのひとりの質問はみんな聞きたいこと」だったりするものですから。

「患者さんから受けた質問」そして「その回答」であれば「誰に書いているか」は明確です。
質問してくれた患者さん向けに書いています。

こうするとブログの質や内容はかなり分かりやすくなっているはずです。
そして誰が読んでも分かりやすく、共感も得られやすくなっているはずです。

そして「お客さん向け」に書くってことは、コミュニケーションのきっかけになります。
一方通行の情報発信ではなくなり、双方向でのコミュニケーションになります。
SNSはコミュニケーションツールですからね。

ブログでも「何を書くか?」より「誰に書くか?」を基軸にしてコミュケーションを意識すればいい。
そんなことを考えていました。

って、今日のブログはボクが担当したメンバー向けに書いてみました。
メンバーが聞いていたことですから、かなり分かりやすいとは思うんだけどな〜(笑)
いつもありがとうございます!ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。