*

自分に興味を持ってもらいたいなら、先に相手に興味を持つこと。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。

相手を知ること、興味を持つこと。

どうやったらもっとSNSがうまく使えるようになるのか?
どうやったらもっとコミュニケーションが取れるようになるのか?

SNSを使っている人なら一度は考えたことがあると思います。
ボクもそうだし、現在進行形でそう考えていますしね。

3月14.15日、フロリダ族第5期の最終講合宿でした。
SNSを中心にかっちゃんの講義が進んでいます。

今回で第5期を数えました。
第5期の6人もだいぶ発信はできるようになっている様子です。

そこでかっちゃんから突きつけられた次の課題が、
「相手にもっと興味を持つこと」
「相手の良さもダークな一面も知ること」

発信を独りよがりにせず、共感したりされたり、コミュニケーションできるSNS空間を作ること。
ボクはかっちゃんとの打ち合わせの会話からそう認識しました。

ということはまず相手から話を引き出すことも重要になります。
言葉を引き出すには質問するチカラも必要になってきます。

この3ヶ月間の中でSNS空間含め、リアルでもコミュニケーションしてきたはず。
それでもあらためて話を聞いてみると
・こんな面白い人だったのか
・こんな苦労を重ねてきているのか
・こんなダークな一面も持っているのか
・こんなステキな想いのある人だったのか 
などなどそんな知らなかったことがたくさん出てくるわけです。

17031501▲みんなお互いのことを知ってるようで知らない。
ボクだってそうだし、最初はそこからスタートなんだよね。
インカメしてる人のことは、全く存じ上げておりません。。。

アナタのお客様はアナタのことをどのくらい知っていますか?

そして「アナタはお客様のことをどのくらい知っていますか?」
ということになるのかな。

相手を知りたければまず自分のことを開示すること。
そして自分に興味を持ってもらいたいなら、まず先に相手に興味を示すこと。
SNS空間でもリアルでもそれは同じなんじゃないかな?

実名でアカウント登録をすることはもちろんのこと、自分の想いも、強みも弱みも、好きなこともキライなことも、包み隠さずオープンにした方がコミュニケーションは取りやすくなると思います。

今回の合宿、総勢16名でになりましたが、それぞれに知らない一面を見たと思います。
もっと知りたくなったり、もっと聞きたくなったり。

少なくともボクは第5期の6人のことがもっと知りたくなりました。
そして第4期までのメンバーのことももっと知りたくなりました。

フロリダ族の塾形式が始まったのが2年前。
塾生?族員?も、のべ50名ほどになっています。

その中で発信し続け、交流し続けている人もいる。
SNS空間であまり見かけなくなった人もいる。
突然消息不明になった人もいたりする。
やるかやらないかは自分が決めることでもある。

それでもかっちゃんはけっこう見ていますよ。
そんな発信をしているのか、どんな交流をしているのか。
コミュニケーションなのか、売り込みなのか。
自分中心の発信なのか、相手を考えての発信なのか。

ボクも今回の合宿を経て、余計にコミュニケーションが楽しくなりました。
それはSNS、リアル、どっちも含めてね。

なんか勝手な希望的観測でもあるんですが・・・。
これからフロリダ族がとっても面白くなりそうな予感がする。
かっちゃんを見ていると、そんな風に思えてならないんだよね〜。

フロリダ族、次回は秋ごろにまた塾をやるらしいです。
個人コンサルは随時受付中です。

やっぱり塾形式の空間は得るものが違う。
個人コンサルもいいけど、塾はやっぱりいいな〜。

そろそろ合宿もラストスパートです。
みんなの発表が楽しみだな〜。

17031502▲あれーーーーー!Dr.マーチン履いてないよーーーーー!
かっちゃんが合宿の2日間、スリッパのみで過ごしてたのはナイショです。

あ。フロリダ族に興味のある方。
ボクとつながりのある方は、ボクに連絡くれてもいいですよ〜。
そしたらボクからかっちゃんにつなぎますので!

いつもありがとうございます!
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クチコミほど超効果的で、クチコミほど怖いものはない。

クチコミで患者さんが来院するのはありがたい。 でもクチコミは悪いことも

絶対に手に入れたいものがそこにはある<大動脈解離回顧録⑫>

思いの外早く退院できたのはいいが。 これからはリハビリが仕事なんだよね

抗酸化作用があるものだけを取り扱うのには理由があります

できるだけ余計なものは取り扱わない。 自分がいいと思うものだけにしたい

整骨院・接骨院での不正請求は犯罪。患者さんも罪に問われることがあります。

整骨院・接骨院での保険取り扱いはケガのみです。 不正をすると患者さんも

プロが選ばれる時代ではない。情報発信&収集は自己責任。そんな時代になっている。

ひとつのことを極めることは大切。 それ以上に好かれていることが大切。