*

治療院経営なんてカンタンだ!<サイモン式おせっかいシリーズ⑤>

こんにちは。テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。
早いものでこのシリーズも第五回です。誰かの役に立ってるといいけど(笑)

経営って何だろう?

経営をアナタなりに言葉で表すなら?ボクは・・・?
正直ボクもよく分かりません(苦笑)

経営者になってもうすぐ10年が経ちます。
それでも経営とは?と聞かれたところで説得力のある言葉で表すことが恥ずかしながらできません。

そんなボクでも10年経営ができているのは紛れもない事実です。
スゴイのかヒドイのかよく分かりませんけどね・・・。

治療院やサロンを経営していく、運営していくにあたって大切なことがあります。
それは「経営はカンタンだ!」と思うことです。

難しく考えるならいくらでも難しくできます。
数字的なことだけをとってもいくらでもあります。

税務・売上・利益・損益・資金繰り・・・。
もし人を雇うなら労務・雇用など保険関係、教育・育成もそう。
人間関係だって経営にとって大切な要素です。
もちろんマーケティングなどもそのひとつになるでしょう?

こんなこと考えたら「経営は難しいもの」としか考えられません。
少なくともボクのアタマはパンクしてしまいます。

▲たぶんボクはいわゆる経営者向きではないように思います。
言葉では表せませんが何となくそう感じます。職人気質だしね~。

経営なんてカンタンだ!

まずは言葉だけでもいいからそう思い込むことです。
だって前述した税務や労務関係などのことが分からなくたって経営はできます。
実際、ボクもまだ分からないことだらけですし。

治療院経営にとって一番大切なのは、
「患者さんに喜んでもらうこと」これしかありません。

とりあえずはこれができていれば患者さんは集まるようになります。
それが継続していけば経営はできるでしょ。

経営学を学んだ人だけが経営がうまくいくわけではありません。
マーケティングスキルが高い人だけが儲かるわけでもありません。

まず大前提として「患者さんを想うこと」ができなければ継続的に治療院経営なんてできません。
以前の治療業界ならどうにかなったでしょうけどね。
この時代の供給過多・価格競争・均質化・・・。
今までの治療院経営の成功法則通りに事がうまく運ぶわけがないんです。

まずはシンプルに、カンタンに考えてみませんか?
「患者さんを想うこと」言葉にすると気恥ずかしいかもしれません。

難しく考えることならいくらでもできます。
リスクファクターを探せばいくらでも出てきます。

フォーカスするところはそこではありません。
自分の想いを患者さんに届けることができれば大丈夫なはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何を理想論ばっかり語りやがって!
甘っちょろい考え方だねー。
って声が聞こえてきそうですがボクの自論ですので。

これから5年先、10年先の経営状況が想像できますか?
ボクには全く分かりません。

ホンの10年前ですよ。スマホが登場したのは。
それでボクらの生活はガラッと変わりました。

それを予測できていた人ってどのくらいいます?
たぶんここまで劇的な変化は予想できていなかったことでしょう。
できていたのはスティーブ・ジョブズくらいなもんじゃないかな。

理想論でも甘っちょろくても。
10年前と今、そして10年後に、自分の想いや患者さんへの想いは変わらなければいいだけです。

それが全ての土台になるはず。
心の時代の今、それが全てにつながるはずです。

それが分からず、理論やロジックだけで経営なんてできません。
少なくともボクはそう考えています。

だからよりシンプルに。よりカンタンに考えよう。
難しく考えるのではなく、カンタンだと言い切ってしまおう。

経営なんてちょろいもんよ。
そう思うために、患者さんへ想いを届けましょ。

ではまた、第六回で。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足の疲れを取る、疲れにくくするテーピング、あります。

足の疲れに効くテーピング。 たった一枚貼るだけで効果アリ。 姿勢の

腰痛・肩こり、どこに行けばいいのか分からない。信頼できる人の言葉を信じて行動するのが一番です!

治療を受けたいなら有資格者のところに行きなさい。 無資格者のところでい

行き詰まる時の共通点はある。ピンチを脱出する時の考え方とは?

基礎や基本は本当に大切。 土壇場ではそれが表に現れる。 だからこそとこ

ライブ&リアルと、動画の差は当然ある。両方を融合させる使い方を考えよう。

ライブやリアルは伝わりやすい。 動画だと伝わりにくい。 たぶん伝え手の

勝ちにこだわる姿勢はいいのか、悪いのか?

負けるより勝った方がいい。 スポーツをやるならガチでやりたい。 それは