*

大切な人を残して突然死しないために。

いきなりタイトルに「突然死」って書くなんてね。
そう思う人もいるかもしれませんが大切なので今日は書きます。
テーピングマスター、サイモンこと山田敬一です。

血圧計、持ってますか?

ボクは2年前に大動脈解離を患って以来、降圧剤(血圧を下げる薬ね)を飲み続けています。
正直、それまでは血圧を気にかけてはいませんでした。
もともと血圧は低い方でしたからね。

周囲の人にはけっこう言われるんです。
「降圧剤、飲まなくても血圧は下がるから飲まない方がいいよ」
「降圧剤はあんまり身体に良くないからね~」
そんなことを言われたりします。

でもウチに来ている患者さんでもある看護師さんには
「山田先生は降圧剤はゼッタイに飲まなきゃダメ」
「血圧上がったら死んじゃうかもしれないんだよ」
そうやって脅されるかのごとく言われています(苦笑)

血圧管理はドクターにも口酸っぱく言われています。
だって大動脈解離の一因は血圧上昇ですからね。

降圧剤が身体にいいかor悪いかは問題ではなく。
ボクの場合は飲まないと危ないから飲んでおけってこと。
そりゃ飲むよね。死にたくないもの。

▲こうやってほぼ毎日血圧を測っています。
降圧剤のおかげもあって安定していますのでご安心を。

もともと血圧が低いのに何故?

正直言って血圧上昇を指摘された時「え?オレが?」って感じでした。
だって血圧が高いなんてことは今までになかったんですから。

それでも病気を患ってしまったんです。
これが事実です。

この寒い季節「ヒートショック」が一番危険です。
お風呂に入る時の急激な温度差が危ないってヤツです。
だからボクは冬の「雪見露天風呂」なんてご法度です(泣)

それ以外にも血圧が急激に上がる瞬間はあります。
例えば「ウ〇コ」をする時です。
「ウーーーーーンンン!」っていきむでしょ。
これが危ない。下痢気味のボクは助かりました・・・。

最近気になっているのが「筋トレ」です。
間違ったやり方をしてしまう、または自己流でやってしまうと危ない。

瞬間的に力を入れていきんでしまうとどうなるか?
当然、一気に血圧は上昇します。危険極まりない・・・。
高血圧の人はもっと危ないですよ。マジで危ない!

だから専門家の指導の下、筋トレをした方がいいですよ。
そのあたりを理解した上で、指導してくれるはずですから。

プラスして、それでもトレーニングをしたい方は「自分で血圧の管理」をしましょう。
普段から自分の状態を知っておけば危険も少なくなりますからね。

急激な血圧上昇で突然死なんてしたくないでしょ。
ボクなんて特に原因になることなんてしていないのに、血圧上昇が患った理由になっているんですから。

今は筋トレブームと言ってもいいような時代です。
低炭水化物、高たんぱくの食事。そして筋トレをしましょう。
そんなことが声高に言われています。

それ自体には間違いはないし、ボクもいいことだと思います。
そこにプラスして「血圧管理」をしようよ。ってこと。

だってボクは運良く助かりましたが、運が悪ければ・・・。
そんな思いをしてほしくないから。

昼間に血圧を測りながら思ったのはそんなことでした。
ってかなり大事なことなので書きました。
ではまた。

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか

時には断る勇気と、嫌われる覚悟を持つ必要がある。

断りたくはない。嫌われたくもない。 能力が優れているならそうしたい。

体験をしてもらうことが一番の近道。<初心者OK!体験型テーピング講習会>

いいモノでもいいコトでも体験が一番伝わる。 どうやって伝えるのかを考え

膝がまっすぐ伸びないとパフォーマンスは低下する。

膝の痛みに悩んでいる。 下半身が疲れやすくいつもダルい。 アナタの膝、