*

効果的なストレッチのやり方とは?

ストレッチってやった方がいいの?
その前に何のためにストレッチをやるの?
やみくもにストレッチをするのは危ないよ。

ストレッチの効果って?

よく聞く言葉ですよね。
「ストレッチをした方がいい」って。
現場でボクもついつい使ってしまう言葉です。

そもそもストレッチって何のためにやるのかな?
スポーツ前にケガの予防のために?
ウォーミングアップのために?
クールダウンのために?
腰痛や肩こり予防のために?
腰痛や肩こりが辛いから?

身体が硬くなったから?
身体を柔らかくしたいから?
足がつりやすいから?
などなど、挙げたらキリがないかもしれませんね。
これら何でも当てはまりそうなのがストレッチです。

ストレッチを繰り返してやっていけば身体は確かに柔らかくなるでしょう。
これはこれで間違いない。

でも何のために柔らかくしたいのかな?
専門家としてはボクはここが大事だと考えています。

目的がハッキリしていることは重要です。
そしてその目的に合わせたストレッチをしてほしいんです。

▲ボクも治療の合間にストレッチをします。朝起きた直後にやるのは動かしにくいのと負担がかかりやすいので。

ストレッチで気をつけたいこと。

もちろん施術でもストレッチを取り入れることはあります。
ただボクの中ではストレッチをやるにあたっての条件があります。

それは身体を温めたり、ある程度イジって「筋肉や関節を動かしやすくした後」にストレッチをする。

身体の基礎の基礎ですが、筋肉は伸びる方向には働きません。
要するに自分で動かせるのは縮む方向のみです。
つまり筋肉を伸ばすという動作は自動的にできないんです。

伸ばしたい筋肉の反対側の筋肉が縮ませることで伸びているにすぎません。
それを自分で、もしくは誰かに伸ばすのがストレッチです。

だからストレッチをする時に伸ばしたい部分の筋肉がある程度動かしやすくなっていないとかえって負担をかけてしまうこともあります(ココがめっちゃ重要!)

ストレッチは効果を発揮します。
これは間違いありません。

ただやみくもにストレッチをするのは反対です。
変にやりすぎると筋繊維が傷つき、かえって負担をかけてしまいケガのもとになってしまいます。

例えば冬の時期ならスポーツ前にいきなりストレッチをするよりも、軽いジョギングなど身体を動かしつつ温めてからの方が効果的です。
5〜10分ほど、ごくゆっくりのペースでジョグをして、その後にストレッチ。
その後にいつものウォーミングアップをしていく。

ジョグをした後にストレッチをする。
暖かい部屋の中でストレッチをする。

お風呂から出た後にストレッチをする。
整体やマッサージなど、施術後にストレッチをする。
スポーツ後にストレッチをする。

などなど「身体が温まっている状態でストレッチをすること」が、効果を発揮する方法なんです。

自分でストレッチをするならこのあたりに気を配ってほしい。
専門家に施術等でやってもらうなら大丈夫でしょう。
きちんとそのあたりを踏まえてストレッチをしていると思いますので。

効果的なストレッチの方法は「身体が温まっている状態でストレッチをすること」です。

ちなみにボクは身体がめちゃくちゃ硬いです。
人に言ってるんだから自分でもストレッチしなくちゃな。

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし