*

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。
特に身体を使うことはなおさらだよ。
手遅れは確実に存在します。

歳とは思いたくないが・・・。

今年の11月で45歳になります。
しかもアキレス腱も切ってるし、大動脈解離も経験しています。
また明日は休日だから病気について書いちゃいますけどね。
ボクは身体的には何歳なんだろうね。調べるのがコワいけど・・・。

ビジネスシーンでは歳はさほど関係ないかもしれません。
むしろ経験を積むことでよりいい仕事ができる場合もあります。

しかしスポーツの世界では確実に年齢は関係してきます。

高校野球部に関わるようになりました。
患者さんで元実業団選手で日本一の経験もあるバスケ指導者(考えるバスケットの会主宰)の方がとあるご縁で来院しました。
(しかもこの方の弟さんはアメリカでもバスケ経験のあるスタープレイヤー!)

この頃やけにスポーツづいてるんですよ。
ここが目指していたところでもあるんだけどね。
ずっとスポーツに関わることをしたいと思っていましたからね。

 

でもプレーはできないんだ・・・。

 

今となってはもう諦めているからいいんです。
でももっとやっておけばよかったと後悔もしています。

まだ身体の動くうちはやっておいた方がいいよ。
仕事なんて年取ってからでもできるからさ。

格闘技をもっとやっておけばよかった。
バスケももっとやっておけばよかった。
最近になり本当にそう思うんだよね。

スポーツに関してはやるからには「ガチ」でやりたいタイプです。
やるからにはとことん追い込みたいタイプなんです。
それがスポーツでの楽しさだとボクは思っているので。

▲今しかできないことは確実に存在します。後からやろうなんてのはダメダメで手遅れは確実にあるんですよ。諦めなければ何でもできるなんてのはウソです。

諦めることも大切ではあるけれど。

20代後半で格闘技には見切りをつけました。
同じジム内にボクより練習してないのにも関わらず、試合で勝てなかった相手がいたんです。
これは本当にショックだったな~。

そして選手をサポートする側に回ることにしました。
でもさ、年齢的にはまだまだガチでできたはず。

強くはなれなかったかもしれないし、その相手には勝つことはできなかったかもしれない。
ボクはあっさり白旗を挙げ「逃げて」しまったんです。
あの時に逃げたことは正直今でも後悔しています。

今となってはその経験も踏まえ、それらが土台になっていてスポーツ選手のサポートができています。
これで結果オーライ?と言えるのかもしれません。でも確実に後悔は残っています。

ボクと同じ仕事、あるいは身体関係の仕事の人。
サポートする側に回るのもステキなことだと思います。

だけど「プレイヤー」でいられる時間は短いです。
一流とか、プロを目指せとか大それたことではありません。

プロにはなれないから「サポート役」に回ろうと考えている人がいるとしたら。
まだプレーできるならプレーしましょうよ。

程度の差はあるけれど、プレイヤーにはプレイヤーにしか分からない景色があるんです。
それを知っているか、経験しているかどうかで、後々にサポート力の差になって表れます。

三流プレイヤーでも計6年間バスケをし、柔道と格闘技を各3年ずつ経験してきました。
やっていたから見える景色があり、やっていなかったらたぶん今のサポートはできていないだろう。

 

プレイヤー、とは、楽しむ人。

 

の意味も含んでいます。
単純にスポーツをプレイする人ではなく、楽しんでプレイする人。
これが本当のプレイヤーです。

走ることすらできなくなったサポートオジサンのグチ?かもね。
大切な時間を無断にしないために。後悔しないために。
過ぎ去った若さと時間は取り戻しようがないのだから。

 

あーーーーー!バスケやりたい!

ミット、バンバン蹴りたいわーーー!

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな? 自分が言いたいだけなんじゃないかな

筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか