*

あの人はどうして結果が出ているんだろう?

やってみてから考えよう。
もしダメならやり方を変えればいい。
怒られるまでやってみればいい。

やる前に考えすぎない。

あれをやったら嫌われるかな。
これを書いたら怒られるかな。
それを言ったらマズイのかな。

何かをはじめる時、あるいはリスタートを切る時、必ずといってもいいほど多かれ少なかれ起きる思考です。

はじめる前にうまくいくかどうかを考えてしまうことに関して先日はブログを書きました。
他人の目を気にしてしまうことについても書きました。

ここにさらに付け加えるなら「やりはじめた後」のことなのかな。

何か新しいことをはじめるにはエネルギーが要ります。
ゼロから1にするには大きなエネルギーが必要なのはなんとなく分かると思うんです。

やりはじめた後「方向性を見失う」ことだってあります。
その時にまた他人の目を気にしすぎたりすればうまくいくものもうまくいかなくなります。

だから「怒られるまで進んでしまえばいい」んです。
これは極端な言い方にはなってしまいますが、結果的にはこういうことが言えるんじゃないかな?
ボクはそう考えています。

▲やりすぎて怒られたこと数知れず。何でも度が過ぎるのは考えものだけどやってみないと分かんないもんね〜。でも練習には口を挟みませんよ。越権行為はしないように心がけていますので。

大丈夫。大して見られていないから。

SNS上の出来事なんて特にそうです。
最初は大して見られていないんだから気にせずどんどん突き進めばいい。

こんなこと書いたら?こんなこと言ったら?
なんて書けばいいのかな?どこまで書けばいいのかな?

大丈夫です。どんどん書いちゃいましょう。
どんどん投稿しちゃいましょう。
怒られるまで、指摘されるまでやっちゃいましょう。

きちんとSNSの勉強をしている人は分かるでしょ。
ある程度のルールとか、マナーとか。
分からなければ確認しちゃえばいいんですから。

きちんと勉強しているならやらない方が罪です。
モッタイナイというより罪ですよ。

 

何でもそうなんだけど「見られているつもりで書く」「見られているつもりで練習する」これはこれで大切なことです。

でも意識しすぎると自分の伝えたいこととズレてくる。
読み手を気にしてばっかりで、自分の言葉ではなくなってくる。
得てしてこんなものです。

もうブログは読まれない時代。
そう言われているらしいんだけどどうしてでしょう?

これに正解はないんです。
人それぞれに「読まなくなった理由 ≒ 他に時間を使っている」があるはずです。
もっともらしい答えはあるのでしょうけどそれが全てではないはずです。

読まれないなら、読まれないなりに使えばいい。
人が集まらないなら、人が集まらないなりに工夫すればいい。
ヒマなら、ヒマなりに行動すればいい。

少ない時にしかできないことはあります。
いつか人目につき人気が出た時、急に表現力が上がるわけではありません。
忙しくなった時、突然うまくオペレーションできるわけではありませんからね。

その時に取った行動は無駄にはなりません。
必ず経験として成長の糧にはなりますから。

 

スポーツでも同じだよ。
スカウトが来ている時だけいきなり上手くなるわけはない。
試合の時だけいきなり強くなるわけはない。
(格闘技では道場チャンピオンなる人もいるけどね)

うまくなる人、強くなる人はすべからく努力をしています。
もうやらなくていいと怒られるほどやっちゃう人だって多いです。

まずはやってみる。
やってみて怒られるくらいやってみてもいいんじゃないかな。

結果が出ている人ってそんな人だと思います。
とことんやっている人だと思いますよ。

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
クレームが起きない一番の理由

クレームが起きないのはお店側が優秀だから? お客さんが満足してくれてい

仕事に誇りが持てるか?

いざという時の助けになればいい。 最後の砦、駆け込み寺でいい。 どうし

失敗体験はみんなで共有することができる

成功体験はその人にしかできないことが多い。 失敗体験はみんなで共有でき

今の仕事が未来永劫あると思うなかれ

今の仕事は10年後にはないのかもしれない。 ゼロベースで考えたら何を仕

ハードの進化とソフトの進化、人間の進化。

ハードは毎日のように新しくなる。 それに合わせてソフトもアップデートし