治療家として関わる選手には最高のパフォーマンスを発揮させてあげたい。

ワールドカップラグビーで日本代表がベスト8進出。
日本シリーズで福岡ソフトバンクホークスが4連勝で優勝。
川崎フロンターレがルヴァンカップ優勝。VリーグもBリーグも始まった。
スポーツの秋。勝者と敗者のコントラスト。スポーツって最高だな~。

最高のパフォーマンスを発揮させるために

この9.10月はいろいろな競技、そしていろいろな選手に関わりました。
しかもその競技でのトップクラスの選手です。
ご縁と紹介で関わることになったのでありがたいことですよね。

話があるのは実力を見込まれてのことだと理解しています。
しかし荷が重い。と感じてしまうことだってもちろんあります。

結果から先に書けば施術はうまくいきました。各選手ともに喜んでくれていますからね。自分にとってもいい経験になりましたし、信頼を損ねないでよかったと胸をなでおろしています。

信頼を損ねないでよかった、というのは「紹介してくれた方」に対してです。
今回紹介して下さったのは、治療家やトレーナー、コーチの方たちです。
選手からの紹介ではなく、指導者やケアをする側からの紹介なんです。

この業界、めったに横のつながりからアスリートの紹介はありません。
もし紹介して良くなったとしたら、自分の立場が危うくなります。
だからめったに紹介なんて起こらないのがこの業界です。

ボクは紹介します。自分の力量で改善できないなら誰かに任せたほうがいい。
これはアスリートでも一般の患者さんでも同じこと。そのまま継続させることは相手の不利益につながりますからね。

▲いろいろな現場に行きましたよ。トップアスリートに関わるのは光栄ですが同時にそれだけ責任も伴います。それが醍醐味でもあったりしますけどね。院内の額縁もあっという間に充実してきました。

現場では即効性とともに未来を求めている

その場である程度状態を改善させるのはボクにとっては当たり前のことです。
ですが実際にはその「当たり前」がそうではないことに気づかされました。

ケガや故障で思うようなプレーができなくなっている。
それが原因でトレーニングにも支障が出ている。
でも適切な改善策を持っていないために、いたずらに時間だけが過ぎてしまう。
あるいは無理にプレー&トレーニングをさせて、かえって状態を悪化させてしまう。選手のパフォーマンスを最大限に発揮させられていない・・・。
スポーツの現場でもトレーニングの現場でも似たような状況が起こっていることを知りました。

アスリートは「今」が大切です。未来永劫活躍できるわけではないから。
そして「未来」も同時に求めています。自分がどうなっていくのかを知りたいから。

早く状態を改善させる。そしてトレーニングをして未来につなげていく。
未来とは「心」も「身体」も両方です。現在ケガや故障でプレーできなくとも、未来は大丈夫なんだと思わせてあげられることができるのか?

「今」すぐに状態を改善させ「未来」を考えられるようにする。
たぶんボクにオファーがかかり、そして真に求められていたのはここなのでしょう。それがある程度達成できたから信頼につながっているのだと思います。

▲大相撲の関取もアスリートですよ。境川部屋・佐田の海関です。朝稽古におじゃましてハッキリと分かりました。どうサポートしていけばいいのかを考えるのは最高に充実します。左が紹介してくださった中村先生。ちゃんこ鍋もご馳走になりました。めっちゃ美味しかった!

講習内容

リクエストにお応えする形で講習を開催することになりました。
今回の講習は全日本レベルのストレングスコーチからのリクエストです。

ある選手のケガの治りが悪く、依頼がありボクが施術の担当を任されました。
その時から「ストレングスコーチでもある程度施術ができた方がいい」また「テーピングを貼るだけでもトレーニングの質が変わる」こんなことをお互いに言っていて、今が活動のオフ期間で「講習してほしい!」とのリクエストがあったため開催する運びになりました。

講習をやるからにはボクの今まで培ってきた「スポーツ現場」での経験をフルに出していきます。
外では話せないようなオフレコ情報も講習なら話せますしね。

もともとこのレベルの話の講習する気はありませんでした。
なぜならあまりにもシビアな話になるからです。もし施術やテーピングがうまくいかなければ、何よりアスリートに迷惑をかけてしまいます。

それでもリクエストがあるならやってみてもいいでしょう。
決して安くはない講習費用ですが、2回目があるのかどうか・・・?
少人数での講習です。全日本レベルの話を直に聞けるのも面白いと思います。
実際にボクも毎回話をするたびに刺激を受けていますからね。

「パフォーマンスアップセミナー概要」
日程 2019年11月17日(日)12月15日(日)全2回
時間 12時〜17時
募集 全5名
場所 やまだ整骨院
費用 10万円(税抜)
講習内容「スポーツ&トレーニング現場で使える身体調整法」と「施術とテーピングをリンクさせたスポーツ&トレーニング現場での活用方法」

お申し込みは下記からどうぞ。

※印は入力必須です。

お名前
フリガナ
治療院名
取得資格
柔道整復師・鍼灸師など
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お問い合わせ
認証

すでに3名のエントリーがあります。
日程ギリギリではありますがお申し込みはお早めにどうぞ。

テーピングマスター
やまだ整骨院 院長 山田敬一

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket