*

女神は悪魔に。そして女王様に。<大動脈解離回顧録⑤>

白衣の女神は悪魔だったのを知った。
そんな41歳の後厄の秋。
前回のブログはコチラから。

集中治療室卒業。

丸4日間滞在した集中治療室もいよいよ卒業。
この間いろいろなことが起こりすぎました。

意識を取り戻してからヨーグルトの美味しさに涙し。
あまりの羞恥プレイにも涙しました。

そして斜向いの患者さんが亡くなったり。
夜中にうめき声が聞こえてきたり。

点滴の管が刺さりすぎていて痛いし。
止めてあるテープが痒いし。もう外したいよ・・・。

そんな中でも看護師さんの働きぶりには感服しました。
何があっても動じないし、動きを見ていると「アナタは手が何本あるんですか?」と思えるほど、鮮やかに点滴のパックを「ボクと会話しながら」扱っていたりします。

できる人ってどの分野にもいるんだな〜。
早くオレも復帰したいよな〜って思わされました。

いよいよ集中治療室から一般病棟へ移るのですが、ボクは指定された個室に入らなければならなかったんです。

それはナースステーションに隣接した個室でした。
元気なら「カワイイ看護師さんいないかな♡」とか思うんだろうけどそんな余裕は全くなし。

その個室に入る理由は、
・感染症を極力避けるため
・何があるか予断を許さないから
・何かあったらすぐに駆けつけるため
そんな理由で個室が用意されていました。

ちなみに感染症って書くとオーバーなんですけど、ボクは「風邪を引くこと」を口酸っぱく注意されています。
風邪の菌が人工血管や心臓の人工弁に付着すると大変な事態になるからです。

今年もインフルエンザも乗り越えられてヨカッタ。
罹患したらけっこう厄介ですからね〜。

▲個室はこんな感じです。トイレもついててヨカッタ・・・。誰かがお見舞いに来ても気兼ねなく話せるしね。

5日ぶりの再会。

個室に移動した日の夕方。
やっと子供たちに会えました。
それだけで涙が止まらなかったな。

集中治療室には子供は入れないらしく会えなかったんです。
二人の顔を見ただけで元気になれる気がしたな。

それから徐々に点滴の数も減ってきました。
変わらないのは「酸素マスク」です。

▲こんな感じのヤツね。見たことあるとは思いますが。この写真はやっと首から管が抜けた直後かな〜。テープが貼ってあるしね。

はじめは酸素マスクをしていないとサチュレーション(血中酸素濃度)が下がってしまうから。
健康な人は96〜99あるのに、マスクをしててもそこまで上がらないんです。

カンタンに言うと酸素マスクをしていないと「ずっと息苦しい」ってこと。
十分に酸素が取り込めない状態です。

というのは開胸手術をしていますので胸骨や肋骨に負担がかかると傷跡がめっちゃ痛むんです。
だから大きく息が吸い込めません。

一番困るのは「笑えない」ってこと。
笑うと胸が動くから、それだけで痛いんです。
笑えるのってやっぱり幸せなことなんだよね。

あとは寝返りがうてない、横向きで寝られないし、うつ伏せにもなれない。
もっと言えば「平らなベッドに寝られない」んです。

少し角度をつけておかないと痛いのと起き上がれないのと。
電動ベッドがあんなに便利なものだと初めて知りました。

 

トイレは・・・。

▲コレです。介護用とかで使いそうなヤツです。

ポータブルトイレの登場です。
大はこれでしろってことらしいです。
小はまだアソコに管が刺さってます。
要するに点滴の管がいっぱい刺さってるからトイレには入れないってこと。

用を足したら呼び出しボタンで看護師さんを呼びます。
フタがしてあるから臭わないけど、部屋の中にブツが鎮座してると思うとね・・・。

ここでも「看護師さん!う◯こしました!」って宣言してるようなもの。
集中治療室の悪魔が去ったと思ったら、一般個室で女王様登場です。もうドMになった気分です。

もう恥ずかしさにもだいぶ慣れてきました。
しかし。なかなかブツを片付けに来てくれない時もあるんです。
放置プレイの開始です。看護師さんも忙しいもんね。

 

そんなこんなで初日が過ぎていったのですが、この頃からです。
夜中を中心に激しい頭痛に悩まされるようになったのは。

ボクはめったに頭痛はないタイプでした。
せいぜい二日酔いの時くらいなものでしたからね。

アタマの中で誰かが突貫工事をしているような感じ。
ガンガン痛むというより「グワングワン」痛むって感じ。

人工心肺装置をつけて手術をする場合は「血栓」が飛んで脳の方に行く場合もあるとは聞いていました。

まさかそうなってるのか?
だって痛みがハンパじゃないもんな・・・。

毎朝回診にくる担当医にそのことを相談しました。
担当医から返ってきた答えは・・・

 

つづく

 

やまだ整骨院 院長 山田敬一

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
病んでいる、悩んでいる人にその言葉はかけないでおくれ・・・。

それは人のためを思っての言葉かな? 自分が言いたいだけなんじゃないかな

筋トレが嫌いな人間の魂の叫び。筋トレしないとダメな世の中なの?

筋トレはトレーニングは大切。 自分の思い通りにカラダを動かせなかったら

体験してみないと価値は分からない。体験してもらえなければ価値は伝わらない。

テーピングを貼ることは体験ではない。 貼って「何かができる」のが体験。

断ることは、自分も相手も守ることになる。自分にできることを真摯に取り組むこと。

自信過剰になることなかれ。 自分を卑下することなかれ。 今の自分にでき

選ばれるようになるには、自分が先に選ぶことを明確にしよう。

断ることを選ぶ。 嫌われることを選ぶ。 どんな患者さんに来てほしいのか