*

背中の張りからでも頭痛は起きる

こんにちは。サイモン山田です。
もうそろそろ鍋の美味しい季節になってきました。
熱燗もおいしいよね~。

さて今日のテーマは、

背中の張りと頭痛の関係

スマホやパソコン作業で、肩こりや背中の張りを感じる方はかなり多いと思います。
以前このブログでもスマホで頭痛になるということを取り上げたことがありました。

実は面白いことに、スマホやパソコンやっていても肩がこらないという方もいます。
そんな肩がこらないという方でも頭痛はあるという方がいます。
その正体が背中の張りです。

少し細かく説明すると肩甲骨の内側の筋肉、そして肩甲骨の内側から首のほうに付いている筋肉、そこが張ると頭痛につながります。

肩甲骨の内側の筋肉はると呼吸が浅くなります。
肩甲骨の内側から首にかけての筋肉が張ると、頭蓋骨の後ろ側が引っ張られ直接頭痛につながります。

ではその対処法はどうすればいいのでしょうか。

その対処法の一つがサイモン体操です。

かなりしつこいですが(笑)、事実効果があるから仕方ない。
昨日も、とある講義でサイモン体操を教えてきました。
手軽にできますからね~。是非やってみて下さい。

背中が張っていると呼吸が浅くなります。すると血液中の酸素供給量が不足します。
そのため脳に酸素が送られなくなり酸欠状態を起こします。
結果的に頭痛が起きやすくなります。

だからサイモン体操が効果を発揮するんですね。
体操の効果で姿勢も良くなり、筋肉も動かされるので、背中の張りがなくなるのと同時に頭痛も改善していきます。

身体は全て繋がっていますから、背中の張りから頭痛が起きることも稀ではありません。
ただ、これを知っているのといないのとでは、対処方法がかなり違ってきますよね。

このブログを見て、当てはまってるな、と思う方はサイモン体操をやってみて下さい。
少しやっただけでも、背中がジワーッとくるのが分かると思いますので。

そして。
この時期は冷えてくるだけで、肩や背中が張ってきます。
それが原因で頭痛が起きることもしばしばあります。

そんな時に頭痛薬を飲んでも、あまり即効性は期待できません。
「痛みの元をブロック!」
するとしたら、筋肉を動かして、張りを取った方が効果的ですから。

特に夜寝る時は、思っているより身体は冷えやすいので、要注意です。
冷えると朝起きた時点で頭痛になっている、なんてこともありますし。

もう「使い捨てカイロ」が活躍する季節なんだな・・・。
皆さんも身体を冷やさないように気をつけて下さいね!

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾45期卒/エヴァ10期卒/ウルエヴァ1期卒
フロリダ族サポーター

2008年東京都文京区本駒込に「やまだ整骨院」を開院。
以後、プロ格闘技選手や学生スポーツ選手のコンディショニング調整に関わりつつ、治療現場では「治療を通じてアナタの心と身体を応援します」をモットーに活動中です。
治療家向け&エステサロン・理美容院向けの施術技術講習、イメージトレーニングなどのメンタル講習などの講師も務めています。

スポーツ歴は中高生時バスケ、その後に柔道と格闘技(キックボクシング)を各3年ずつ、34歳で独立開業、35歳でアキレス腱断裂、41歳で大動脈解離を患い生死の境を彷徨いました。
もうスポーツはできないけど、身体とメンタルの両面を診ながら、目標達成へと導くことをサポートしています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
今できることを着実にこなすことが信頼へのカギ。

最初から難しいことを狙う必要はない。 できないことを目指すよりできるこ

紹介する責任、紹介される責任。

紹介するには責任が生じる。 紹介されるにも責任が伴う。 紹介とはそのく

人は結果で判断するしかないのかな。

結果は言うまでもなく大切です。 どの結果もその人がどう判断するかどうか

楽観的なのが救い<大動脈解離回顧録③>

休日は病気に回顧録をお届けします。 今回で第三弾になります。 前回まで

気がついた時には「もう手遅れ」なんだ。

やりたいと思ったらやろう。 特に身体を使うことはなおさらだよ。 手遅れ