*

院長やまだとは

開院ストーリー

私がこの仕事に就いたのは学生時代にバスケットボールをやっていたことに由来します。その頃はケガが絶えなく、よく整骨院にお世話になっていました。治してくれる先生がとてもカッコよく見えたものでした。「自分もこんなカッコいい先生になりたい!」という憧れで、その先生の下でお世話になることになりました。当時高校2年の春。今でもその先生が唯一無二の師匠です。

帝京医学技術専門学校を無事3年間で卒業し、国家試験も一発合格を果たし「これから治療家だ!」と勝手に解釈していましたが、治療家とは「資格云々よりも経験がものをいう仕事」と思い知らされたのが若い身の程知らずのこの頃でした。

スキルアップをはかるべく資格取得一年半後、師匠の下を離れ埼玉県坂戸市の整骨院で修行の日々のスタートです。朝7時から夜10時まで、祝日も治療をしていました。整形外科とのパイプが太く、ケガのエキスパートの先生の院でしたので、骨折や脱臼、捻挫の鑑別診断に今も大変役立っています。その後、師匠と再会を果たし分院長となりました。約7年半、この間も独立開業のチャンスはあったのですが「どうしてももう一度師匠と一緒に治療活動がしたい」との思いが離れず、平成18年から約2年間、師匠の下で最終修養をしました。この2年間はとても貴重な経験となりました。

平成12年頃から格闘技関係に携わり、その頃からプロ選手のトレーナーも務めています。シュートボクシング日本ウェルター級チャンピオンでK-1 MAXにも出場している「宍戸大樹(ししどひろき)」がその代表選手です(自分も約3年格闘技を経験。鼻を2回骨折しました。弱かったです・・・)。

平成18年からはテーピングのセミナー活動を始めています。約15年程テーピングに関しての専門の勉強を続けてきて「もっといい貼り方&教え方を世の中に広めたい」との思いでスタートしました。
その中で「新しいテーピングの開発」にも着手し、平成20年1月から発売を開始しています。

セミナー風景

毎月治療家を対象にテーピングのセミナーを開催しています。全国から治療家の先生が集まります。この時のモデルは宍戸大樹選手です。

そして開院

そして平成20年3月17日いくつもの縁が重なり、文京区本駒込にて独立開業することになったのです。周囲には満を持してのスタートともてはやされますが、やまだ整骨院は皆様のおかげで運営できています。そしてこれからも成長し続け「あなたに愛される整骨院」を目指していきます。
これからも皆様宜しくお願い致します。

院長やまだの紹介

昭和48年11月1日生
東京都足立区出身、埼玉県川口市在住

家族/いつも楽しい我が家です
妻(大のチョコレート好き)と子供二人[長男 慎之助、長女 香菜子]

趣味/バスケットボール、読書、スポーツ観戦

座右の銘/温故知新

好きな食べ物/ビール・日本酒・魚介類

写真館

山田家の子どもたちです。(ちょっと前の写真ですが)
慎之介(大きくなったら「パパ」になりたいらしい・・・。嬉しい事言ってくれる息子です。)
香菜子(お兄ちゃんより活発な、おてんば娘。)

愛車と一緒に。バイクが趣味でした。
娘が生まれたのを機に手放しました。
その時の写真です。


公開日:

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
目先の売上を追うことより、長期視点での信頼関係が治療院経営のカギ。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 それは儲かるからや

小説とビジネス。つながらないようで、気づくことはビジネス書より多いのかもしれない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 孤独は苦しくもする

ルールや制約があった方が自由にやりやすいのでは?

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 ブレない軸足と、ブ

個人店が大型店より選ばれるためには「人」しかない。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 お店を選ぶ基準って

ダムのことは「ダムマンガ」と「息子からの情報」で理解した。

こんにちは。テーピング治療家・サイモン山田です。 「ダムマンガ」、み