*

腰が痛い!あなたならどうする?

こんにちは。サイモン山田です。

登府屋

今日はめっちゃ寒い・・・。風も強い・・・。
こんな温泉に入りたいな〜。超気持ちいいよね〜。

さて今日のブログは、

腰の痛みの対処方法、書きます!

久しぶりに治療家らしいことを書いてみたいと思います(笑)。
この時期「腰が痛い」と言って来院される方が、ホントに多いです。

でも一口に「腰が痛い」と言っても、原因もさまざまですし、対処方法もさまざまです。
今回は大きく二つに分けて、原因からの対処方法を書いていきたいと思います。

①急に腰が痛くなった。
 いわゆるぎっくり腰みたいな状態。

この場合は腰を冷やして下さい。アイスノンなどをタオルにくるみ、腰に直接当てます。
時間は20分。
もし時間があれば、「20分冷やして、30分休み、また20分冷やして」を3回繰り返して下さい。

冷やす理由としては、急に腰が痛くなった場合は、腰に炎症(腫れや熱)が起きていることがほとんどです。
その炎症があるため、腰に痛みが出てしまっています。
冷やすことで炎症を抑え、痛みを軽減していく効果があるんです。

別の症状、しびれなどがある場合は早めに専門の医療機関へ。
痛みが引かない場合も同じですよ〜。

②立ちっぱなし・座りっぱなしで腰が痛くなってきた。
 朝起きたら腰が痛い。

こんな場合は、腰を温めて下さい。
このケースの腰の痛みは、いわゆる筋肉疲労が主な原因です。

ですので、温めることで血行を良くして、疲労を取り除くことで、痛みを軽減させます。
温め方はホッカイロを使ってもいいでしょう。

一番は「お風呂でゆっくり温めること」
ポイントは「ゆっくり」なんです。

温めつつ、ゆっくりすることで「副交感神経」が優位になるので、より血行が良くなるんです。
ホッカイロだけではそこまでいかないんですね〜。

朝起きて痛いんだったら、朝風呂がいいですよ。
その後は冷えないようにしないといけないですけどね。
しかも朝風呂って気持ちいいでしょ〜。最高ですよね〜。

ね、カンタンでしょ。
ホントにこの通りにすれば、楽になりますよ。
冷やすにしろ、温めるにしろ、この通りにやればまず大丈夫ですよ。

もしそれでもダメなら、やまだ整骨院へ(笑)
って、売り込みになってるし。
でもこの通りにしたら、来なくていいから大丈夫ですけどね。

さあ明日はいよいよフロリダセミナーです。
これから前日打ち合わせで、大和に行ってきます。
参加人数も満員御礼らしいです。

身体を冷やさないように、腰が痛くならないように。
しっかりと準備をしま〜す。

いつもお読み下さりありがとうございます!ではまた次回!

 

 

The following two tabs change content below.
山田 敬一
株式会社サイモン・やまだ整骨院代表 柔道整復師 
サイモン式テーピングマスター代表
メンタル心理カウンセラー 
G-nius5メディスン認定イメージトレーナー 
藤村正宏氏主宰・エクスマ塾・第45期卒

2007年より独自のテーピング術を伝え始めました。
のべ1500人ほどにレクチャーしてきましたが、まだまだテーピングは進化の途中です。
オリジナルのテーピングを駆使し、日々患者さんの治療に当たっています。
「サイモンプレミアムテープ」絶賛好評発売中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
足がむくんじゃうのって、どうすればいいのかしら?

ケツを緩めろ!お尻を緩めましょう!臀部を柔らかくしましょう! むくみが

肩こりから頭痛になる人の対処法って?

肩がこって頭痛も起こす人は身体が緊張しています。 心はリラックスしてい

睡眠不足もオーバーワークなんじゃないか?

全ての原因はオーバーワーク。 やり過ぎは何でも身体に心に良くない。 適

自分を活かせる場所はどこなのか?

唯一無二になればいい。 その人の一番になればいい。 自分を活かせる場所

指を伸ばすと肩こりがラクになる。

スマホでもパソコンでも指は必ず使います。 手を腕を使っているのではなく